ご利用案内

  1. ホーム
  2. ご利用案内
  3. かかりつけ医を持ちましょう

かかりつけ医を持ちましょう

「病診連携」を上手に使いましょう

 「病診連携」とは、病院と診療所の連携プレーによって、地域のみなさまにトータルな医療を提供していく仕組みです。ふだんの健康管理は診療所が受け持ち、入院治療や専門的な検査が必要な場合は、診療所から病院へ患者さまを紹介することで「いま必要な医療」をスムーズに提供することができます。
 ですから「カゼかな」「ちょっと調子が悪いな」というときは、まず診療所へ。

「かかりつけ医」を持てば安心して医療を受けられます

 地域の診療所は、あなたの「かかりつけ医」となってくれる存在です。
 「かかりつけ医」はふだんから患者さまをきめ細かく診察し、患者さまの持病や健康状態をよく把握しているので気軽に相談ができます。いざというときには適切な病院を紹介してくれます。
 病状が安定したあとは、再び「かかりつけ医」のもとで健康管理を続けることができます。

京都岡本記念病院へは「かかりつけ医」の紹介状をお持ちください

 京都岡本記念病院は、地域医療支援病院として「病診連携」の仕組みのなかで入院治療や専門的な検査、地域の救急医療を担当する「病院」です。そのため救急と一部の診療科以外の外来は基本的に「かかりつけ医」の紹介による患者さまの治療を行っています。
 紹介状には「かかりつけ医」の診断が書かれているので、紹介状があればすみやかに適切な医療を提供することができます。

「かかりつけ医」と一緒に患者さまを見守ります

 病状が安定したら「かかりつけ医」へご紹介します。「かかりつけ医」へご紹介したからといって、当院と患者さまの関係がなくなることは決してありません。病状が急変したり、検査が必要な時は「かかりつけ医」の紹介状を持ってすぐご来院ください。速やかに必要な治療や検査を行います。
 このように、当院と地域の診療所がしっかり連携しながら、末長く患者さまを見守っていきたいと考えています。

紹介状なしの場合は「初診時選定療養費」が必要です

 初診時選定療養費は、国が病院と診療所の役割分担を推進するために定めた制度で、他の医療機関等の紹介状なしに初診で受診した場合にご負担いただきます。くわしくは外来受診のご案内をご覧ください。

ページの先頭へ戻る