診療科・部門紹介

  1. ホーム
  2. 診療科・部門紹介
  3. がん診療支援

がん診療支援

がん診療支援について

 当院では、地域のみなさまが、高度ながん医療を受けることが出来るよう地域間、病院間の医療格差をなくすと同時に、がん患者やご家族のみなさまの悩みや不安、薬による苦痛をできる限り取り除けるよう、医師をはじめ看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、ソーシャルワーカー、臨床心理士などの多職種によるチームが、それぞれの専門的な視点で診療をサポートしています。
 また、がん相談支援センターには医療系図書や冊子などの図書コーナーを設置しています。


PDCAサイクル

 当院ではがん診療に関連する各部署で、PDCAサイクルの実践を行い、がん診療の質や安全性の向上に取り組んでいます。

PDCAサイクル

Plan(計画)
  1. 年度ごとに病院の運営方針が提示される
  2. がん対策委員会にて年間計画をたてる
  3. 各部門のメンバーを決定
  4. 各部門で活動計画をたてる
  5. 各部門に関する講演会・研修会の年間計画をたてる
  6. がん診療連携拠点病院等指定要件に即した計画をたてる
  7. がん関連ホームページの見直し

Do(実行)
  1. 各部門による計画および活動の展開
    院内がん登録、化学療法、放射線、緩和ケア、地域連携、がん相談支援・情報提供、クリニカルパス
  2. 講演会・研究会の実施
  3. キャンサーボードの実施
  4. 定期カンファレンス・ミーティングの開催
  5. がん患者サロンの開催

Check(評価)
  1. 各部門における活動内容などの自己評価の実施
  2. がん対策委員会による評価
  3. がん登録情報の分析
  4. 医療機関からの紹介状況の分析

Act(改善)
  1. がん対策の進捗状況の確認、見直し
  2. がん診療連携拠点病院等の現況報告書の提出
  3. 地域連携の強化
  4. 広報活動の充実

ページの先頭へ戻る

がん相談(ソーシャルワーカー、臨床心理士、医師、看護師、事務職員)

がん診療(医師、看護師)

がん化学療法(医師、薬剤師、看護師、医療事務)

緩和医療・在宅ケア・緩和治療病床
(医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、リハビリテーション、管理栄養士、臨床心理士)

院内がん登録

 当院では、診療の実態を把握し、がん診療の質の向上とがん患者さんの支援を目的に、2007年1月より国立がん研究センターによる研修を修了した専従の診療情報管理士を中心に、登録を行っています。

がん患者サロン

 「がん患者サロン」は、がん患者さまやご家族が、療養上の悩みを話したり情報交換する場です。どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

ページの先頭へ戻る

ご相談・お問合せ

 がん診療支援についてのお問合せは、下記の電話番号へご連絡下さい。電話受付のスタッフが、必要に応じて他のスタッフに連絡を取り、適切なご回答ができるように対応させて頂きます。

ご相談・お問合せ
京都岡本記念病院 がん相談支援センター
電話 0774-46-5981
月~金曜 9:00~17:00(祝日を除く)
E-mail ganrenkei-2@okamoto-hp.or.jp

ページの先頭へ戻る