TEL
先輩の声

看護師(男性看護師)

中村 重正

やりがいを感じつつ質の高い看護を

私は京都岡本記念病院が移転する前の第二岡本総合病院で生まれました。育ちは福井なのですが、生まれた土地で働きたいという思いもあってこの病院に入職することを希望しました。現在は、消化器外科、消化器内科の混合病棟で勤務しています。

看護師1年目のローテーション研修時にも、現在勤務している病棟を回らせていただきました。その時よく受け持たせていただいていた患者さんが退院された後、訪問看護の研修時にたまたまご自宅を訪問し、お元気に過ごされている患者さんとお会いすることができました。ご本人もご家族も私のことを覚えておられ、「病院ではありがとうございました」との言葉をいただきました。重症であった患者さんが、ご自宅で元気に過ごされている姿を見て、医療・看護のすばらしさを実感することができました。

病棟にはがんの患者さんが多く、手術や内視鏡検査を行う患者さんの看護ケアを行っています。手術で不安になる方も多いので、患者さんと関わるときは笑顔でいることを心がけ、不安の軽減に努めることを意識しています。また、手術を受けた患者さんが、どんどん回復していき元気に退院していく姿を見たとき、看護のやりがいを感じます。

私の当面の目標は、急性期にある患者さんのケアについて、知識や技術をより一層身につけ、急変が起こっても迅速に対応できるようにすることです。そして将来は、認定看護師や専門看護師の資格を取得し、質の高い専門的な看護が行えるようになりたいと考えています。

医師・研修医の募集 看護師の募集 医療・介護・その他スタッフ
医師・研修医の募集 看護師の募集 医療・介護・その他スタッフ