TEL
先輩の声

看護師(先輩看護師)

入退院センター 栗田 弥代妃

子育て中でも自分らしい働き方が実現できる環境

結婚を機に一度、岡本病院を退職しましたが、出産・子育てを経て再就職をするにあたり、保育園があり、新しい環境よりも慣れた環境がいいと思い、再び岡本病院でお世話になることにしました。

復帰は回復期リハビリ病棟からのスタート。始めの1カ月は生活に慣れるだけで精いっぱいでした。2人の子供にも無理をさせ、よく熱を出していました。そんな時、子供がいる先輩看護師の方々から「仕事を一番ではなく、子供を一番にしてあげて」「看護師の代わりはいくらでもいる。でもお母さんの代わりはいないんだよ」と声をかけていただきました。復帰が早かったのではないかと思うことが多々あったので、その言葉はとてもありがたく、うれしかったです。また「自分が笑っていないと子供も笑顔になれない」ともアドバイスしていただき、自分自身を振り返るきっかけになりました。

その後、脳神経外科・脳神経内科病棟で3年間勤務し、上の子供の小学校入学を機に、現在勤務する入退院センターに異動しました。主な業務は入院が決まっている方への入院や治療の流れの説明と患者情報の聞き取りです。入院に対する心配や不安な気持ちを少しでも和らげ、入院生活をイメージできるよう丁寧な説明を心がけています。また面談で退院に向けての支援が必要と判断した方には入院前から介入をおこなっています。

京都岡本記念病院には24時間体制の付属の保育園があり、子供がいる看護師にとってとても心強い存在です。季節ごとにさまざまなイベントがあり、子供達も楽しみにしています。家庭を持ちながら働く病院として、働きやすい環境と人間関係ができており、家族の協力もあって私も働くことができています。今後もワークライフバランスの実現に向けて頑張りたいと思います。

医師・研修医の募集 看護師の募集 医療・介護・その他スタッフ
医師・研修医の募集 看護師の募集 医療・介護・その他スタッフ