トップページ  ごあいさつ  病院理念  沿革  病院だより「StepUp」  プライバシーポリシー  お問合せ
第一岡本病院のページへ あすなろ岡本診療所のページへ おかもと総合クリニックのページへ 第二岡本総合病院のページへ



理事長 岡本豊洋

理事長 岡 本 豊 洋

 当法人の病院憲章に「この人は、わが子、わが親、わが兄妹」とあります。初代理事長が京都伏見で開業してから約1世紀、第一岡本病院の開設から約半世紀の間、私たちはこれを患者様と接する時の医療従事者の心得として、常に意識し、地域の皆様の健康と生活を守ってまいりました。

 第一岡本病院は地域に密着した病院として定着しており、1979年に宇治市に開設した第二岡本総合病院も地域の基幹病院としての役割を果たすべく、発展しております。また、訪問看護ステーションやあすなろ診療所(透析専門)を開設するなど、急性期から慢性期、リハビリテーションから介護まで、専門性と総合力を調和させ、幅広く患者さまを受け入れてまいりました。

 2002年3月に特別医療法人の認可を受けたのを期に、開かれた病院として、一層公的な性格と機能を強め、地域の医療・福祉機関との連携推進に努めてまいりたく存じます。そのために、開業医の皆様が治療に参加できるよう、オープンシステムとして開放型病床を設けるなど、患者様の情報を共有し、地域完結の医療を着実に進めております。

 今後も「地域を支え、地域に支えられる病院」として、皆様に信頼される健康管理のパートナーであり続けるよう、職員一同、病院憲章に恥じないよう、各自の役割を果たしていく所存です。


岡本病院
トップページへ