病院紹介

  1. ホーム
  2. 病院紹介
  3. 院長挨拶

院長挨拶

地域の「生きる」を支える

伏見岡本病院 院長 髙木 敏貴

伏見岡本病院 院長 髙木 敏貴

 伏見岡本病院は「慈仁(いつくしみの心で、全ての命に平等にむきあう)」ことをその理念として患者さま第一の温かい心遣いをもって診療にあたるよう努めています。

 当院の役割として、最近は慢性期の患者さまを主に診療してきましたが、新たに開設した「地域包括ケア病床」を活用して、「急性期後」「軽度急性期」を当院のもう一つの新たな柱として、さらに地域医療に貢献してまいります。急性期病院での治療後や、リハビリテーション、追加の治療が必要な患者さまを受け入れて「回復期」での治療を提供し、また「在宅」の患者さまで高度の急性期治療の必要がないが入院治療が必要な患者さまを受け入れるなど、それらのための体制の充実に努めています。

 慢性期医療につきましても、慢性期の重症患者さまや入院治療が必要な難病患者さまを積極的に受け入れるよう職員全体の意識や技術を高め、患者さまやご家族に満足いただけるように努めています。伏見岡本病院がより身近で信頼される存在となりますよう一層尽力する決意です。

ページの先頭へ戻る