ご利用案内

  1. ホーム
  2. ご利用案内
  3. 入院費用について

入院費用について

入院費の請求

入院費の内訳

一般医療費の
患者負担額

+

食事療養費の
患者負担額

+

自費負担額

=

入院費
(合計負担額)

一般医療費の
患者負担額

= 入院料・投薬料・注射料 × O~3割(負担割合で変わります)
    ★70歳以上の方で
  • 現役並み所得の方...80,100円+(医療費-267,000円)×1%
    (多回数該当の場合は44,000円)
  • 一般所得の方...上限月額57,600円(多回数該当の場合は44,000円)
  • 市町村民税非課税世帯の方...上限月額24,600円
  • 市町村民税非課税世帯の方で
    老齢福祉年金受給者の方...上限月額15,000円

食事療養費の
患者負担額

= 負担割合に関係なく一律 ⇒ 1食460円×食数

自費負担額

= 室料・文書料・オムツ代等+消費税

食事療養費の負担額について

市町村民非課税の世帯に属する方の場合

「減額認定の手続き」をされ、病院に「減額認定証」を提出していただきますと、 それぞれ①~③の金額に減免されます。

① 減額認定証を提出された方 1食210円
② ①の方で、過去1年間の入院日数が90日を超えて再度、減額認定証を提出された方 1食160円
③ 老齢福祉年金受給者で減額認定証を提出された方 1食100円
減額認定の手続き

注:減額認定の対象の方でも、病院に「減額認定証」の提出がない場合は、減額されません。その場合、保険者(後期高齢受給者証をお持ちの方は居住地の区役所保険年金課)に、領収書を提示して差額分の返金を受けてください。

自費負担額(保険給付外の費用)について

冷蔵ロッカー 1日100円+消費税(個室には、無料の冷蔵庫が備え付けてあります。)
文書料
(診断書・証明書等)
1通1,000円~5,000円+消費税

個室利用や、総室でのベッドの位置の決定は、病状を優先に考えでおりますので、ご協力をお願いします。

ページの先頭へ戻る