平成29年度 京都岡本記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 73 144 192 219 540 604 1438 2348 1693 392
地域医療支援病院である当院は、地域医療の中核として質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しています。
特に60歳以上の患者さんの入院が8割近くを占めており、地域性から高齢者の入院が多くなる傾向にあります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010240xxxxxxxx 片頭痛、頭痛症候群(その他) - - - - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 - - - - -
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 - - - - -
010230xx99x00x てんかん - - - - -
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 - - - - -
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 121 8.9 10.61 2.48 75.11
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 37 7.62 7.87 2.7 64.81
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 31 10.06 8.73 3.23 73.26
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 27 9.74 10.71 7.41 65.3
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 26 9.65 9.06 3.85 68
消化器内科では、主に内視鏡を使用した治療・検査を行っています。
最も多い症例は、胆管結石・胆管炎に対して内視鏡を用いて胆管をチューブで広げ、胆石や胆腫瘍の除去などの治療を目的とした入院です。
こちらには掲載していませんが、小腸・大腸ポリープの内視鏡切除目的の手術も616件と多く行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル手術あり 308 4.12 4.62 0.32 72.74
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 PTA手術あり 53 4.51 5.68 1.89 70.91
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル検査あり 38 3.26 3.03 0 71.21
050210xx97000x 徐脈性不整脈 ペースメーカ移植・交換手術あり 34 10.29 11.21 0 79.91
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 23 18.78 12.72 0 67.17
循環器内科の最も多い症例は狭心症などに対する心臓カテーテル治療のための入院、及びそれに伴う治療前後の心臓カテーテル検査の入院です。
また症例が2番目に多いのが下肢の閉塞性動脈硬化症などに対するカテーテルによる血栓の除去を目的とした入院です。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 15 3.8 5.70 0 3.53
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 - - - - -
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - - - -
0400801099x00x 肺炎等(0歳) - - - - -
040100xxxxx00x 喘息 - - - - -
小児科では肺炎をはじめとする、呼吸器疾患を主に扱っています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 70 8.41 7.40 1.43 62.51
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 34 20.71 15.61 0 71.68
060150xx03xxxx 虫垂炎 33 5.88 5.56 3.03 37.03
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 22 2.64 7.34 0 42.14
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 19 26.63 17.27 0 68.42
消化器外科では、一般的な外傷や小手術から、上部及び下部消化管疾患、肝臓・胆のう・膵臓の消化器疾患を始めとして、がん治療さらには、緊急性の高い疾患まで幅広く対応しています。
患者さん一人一人の状況を把握して、その方に最も適した治療法を選択しています。
手術室の拡大・充実により、手術件数は全身麻酔が410件から451件と、腰椎麻酔79件から96件に増加し、様々な消化器疾患に対する難易度の高い手術も増加しています。
またヘルニアに対する手術目的入院も99件と多く行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 インプラント使用手術あり 72 49.53 27.09 13.89 80.57
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 27 34.33 19.94 14.81 80.22
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 26 5.81 5.21 3.85 55.04
160820xx01xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 21 41.71 26.82 9.52 66.86
160980xx99x0xx 骨盤損傷 20 43.8 19.97 15 73.2
整形外科では股関節に近い大腿骨に対する手術目的の入院が多く、全体の2割を占めています。当院では高齢者の入院が多く、転倒などで大腿骨の骨折をされた場合、在院日数が長くなることが多いです。
また次いで脊椎の骨折も多く、大腿の骨折と同様の理由で在院日数が長くなることが多いです。
3番目に多い前腕の骨折は、小さな子供の転倒による骨折も多いため平均年齢は低くなっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 - - - - -
080180xx971xxx 母斑、母斑症 - - - - -
080250xx971xxx 褥瘡潰瘍 - - - - -
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) - - - - -
161000x102x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 植皮術あり - - - - -
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術あり 63 12.17 9.68 23.81 75.11
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 55 31.64 19.10 18.18 64.95
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 44 7.09 7.34 4.55 62.84
010230xx99x00x てんかん 24 10.5 6.32 16.67 64.96
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術あり 24 19.71 16.53 0 52.67
脳神経外科では、脳卒中の中でも重篤な脳梗塞や脳出血を取り扱っています。 
去年に引き続き、出血性脳血管障害と頭頚部外傷への対応が増えています。
また、SCUと呼ばれる脳卒中の患者さん専用のベットがあり、24時間365日のSCU当直・臨床経験5年以上の神経内科医か脳神経外科医が院内に常時対応できる体制を整えています。
さらに脳だけでなく、脊髄脊椎疾患の手術数は持続して100例を超え、全国でも数少ない脊髄外科認定施設に指定されています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 63 12.03 12.35 0 71.11
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 経皮的針生検法 50 2.64 3.59 4 72.48
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 28 18.96 14.60 10.71 75.96
040200xx01x00x 気胸 手術あり 23 8.96 10.04 0 38.7
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 化学療法あり 17 13.71 11.99 0 73.41
呼吸器外科で最も多いのは肺がんに対する手術のための入院です。
症例数が2番目に多いのは肺がんの診断を行うための経皮的針生検法などでの検査を行うための入院です。
また完全鏡視下手術が大半で術後合併症はほとんどなく、高齢者の肺がんの手術でも術後1週間での退院が通常となっています。
さらに肺がんに対して手術・検査だけでなく化学療法も行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 大動脈瘤切除あり 13 32.15 28.04 15.38 69.62
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 腹部大動脈切除 13 22 21.40 0 77.54
050161xx01x1xx 解離性大動脈瘤 中心静脈注射あり - - - - -
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。)  - - - - -
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 手術あり - - - - -
心臓血管外科では、大動脈解離に対する手術・治療目的での入院が最も多いです。
当院ではすべての大動脈疾患患者を、24時間常時受け入れる体制を整えており、緊急性を要する大動脈解離(解離性大動脈瘤)や、動脈瘤破裂などにも十分対応可能です。
また末梢血管外来も行っており、下肢静脈瘤に対するラジオ波焼灼術も行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 26 8.23 6.28 0 45.31
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 手術あり 24 8.17 6.37 0 48.92
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 開腹子宮全摘術等 16 10.81 9.91 0 48.25
12002xxx97x00x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 副傷病名なし - - - - -
12002xxx03x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮内膜掻爬術 - - - - -
産婦人科では、思春期から更年期までの産婦人科疾患、機能不全の診療だけでなく、高齢者の排尿障害や性器脱などの治療にも取り組んでいます。
また日帰りでの人工妊娠中絶に対する手術目的の入院も行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 水晶体再建術あり 14 6.36 7.31 0 71.29
020220xx97xxx0 緑内障 14 4.57 8.51 0 73.21
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 - - - - -
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 水晶体再建術なし - - - - -
020220xx97xxx1 緑内障 - - - - -
眼科では、地域の中核病院として、ほとんどの眼科疾患を診断・治療できるよう、専門的な検査が充実しています。
手術治療に重きをおいており、最新の手術機器を備え、白内障手術が661件、硝子体手術が53件、緑内障手術が25件と多く行っています。
また多施設との差別化を図るため、白内障手術の際に乱視矯正機能付き眼内レンズを高頻度に使用しています。通常の眼内レンズより高度な技術が必要ですが、術後の患者さんの満足度が高いため積極的に使用しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 43 5.35 5.48 0 36.49
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 35 6.14 8.01 0 23.57
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 32 6.19 7.23 0 55.78
030400xx99xxxx 前庭機能障害 21 7.24 5.15 0 62.19
030428xxxxxxxx 突発性難聴 21 13.14 9.18 0 51.57
耳鼻咽喉科では、耳鼻咽喉科疾患全般を対象とし、耳、鼻副鼻腔、咽頭、喉頭、頚部と様々な疾患に対応しています。
また高精度放射線治療装置の導入により、頭頚部がんの一時治療(放射線治療、抗がん剤併用放射線療法、分子標的薬併用放射線療法)も行っており、入院患者数・手術件数とも増加しています。
現在は入院加療を中心とした診療に移行しつつあります。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) エダラボン 副病名なし 61 24.33 16.38 4.92 71.02
010230xx99x00x てんかん 45 8.53 6.32 6.67 60.11
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) エダラボン 副病名あり 26 29.69 18.34 7.69 75.69
010060x2992401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 脳外アンギオ+エダラボン 17 33.06 18.72 11.76 67.88
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 17 5.12 6.28 0 66.24
神経内科では、急性期脳卒中の中で、主に脳梗塞の検査・治療を行っています。
またホットライン対応やSCUなど、脳卒中センターの運営にも脳神経外科と連携し関わっています。
脳卒中だけでなく、ギランバレー症候群、髄膜炎、てんかん、多発性硬化症、重症筋無力症などの神経救急疾患の患者さんも多く入院されており、パーキンソン病などの変性疾患の急変時にも対応しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱悪性腫瘍 経尿道手術あり 43 6.42 7.31 0 74
11012xxx020x0x 上部尿路疾患  31 4.52 5.75 9.68 65.1
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術あり 24 6.92 9.73 0 73.21
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術あり 12 9.42 14.59 8.33 66.42
110420xx97xx0x 水腎症(その他) 12 3.33 5.17 0 67.5
泌尿器科では、主に尿路悪性腫瘍(がん)、排尿障害、尿路結石症などの診断・治療を行っています。
前立腺がんに対する検査目的での入院は97件と多く行っており、毎年50人前後の新規前立腺癌が検出されています。
また尿路結石に対する体外衝撃波砕石術(ESWL)は年間36件あり、1泊入院で行っていましたが、2017年1月よりリスクの少ない患者さんを対象に日帰りESWLも開始しています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 55 12.65 12.23 3.64 72.85
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術あり 28 10.86 8.50 0 65
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 23 29.74 20.83 17.39 85.52
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術あり 透析あり 17 15 14.55 0 67.71
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 13 19.69 22.12 0 61
腎臓内科では、 慢性腎不全の患者さんに対して、末期腎不全への伸展を阻止することを目標とした教育入院が最も多い症例となっています。入院中ご自身の病状を理解すること、腎臓病に関する正しい知識を取得することを目標とし、退院後に入院中に学んだ食事療法や生活習慣を実践出来るようになることを目標とした入院です。
教育入院の他に、末期腎不全に対する血液透析導入するための内シャントの造設目的の入院も多くなっています。内シャント手術とは、腕の動脈と静脈をつなぎ合わせる手術のことで、より効果的に血液透析を行えるように静脈に多くの血液が流れるようにするものです。
また腎疾患の診療においては、急性・慢性腎炎の診断に、必要に応じて腎生検も行っており、2017年度は25例行いました。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 副傷病名なし インスリン製剤あり  27 21.37 20.83 15.38 82.17
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 副傷病名なし インスリン製剤あり - - - - -
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 副傷病名なし インスリン製剤なし - - - - -
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 副傷病名なし インスリン製剤なし - - - - -
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 - - - - -
糖尿病内科の症例で最も多いのは糖尿病の教育・検査入院です。
糖尿病に対する血糖コントロールはもちろんのこと、糖尿病腎症や神経障害、網膜症、動脈硬化による狭心症・心筋梗塞、脳梗塞、足えそなどの合併症に対しても、他科と連携し、協力しながら検査・治療を行うことが出来るのも当院の大きな特色です。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 104 24.74 20.83 15.38 82.17
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 41 17.59 12.34 4.88 79.68
030400xx99xxxx 前庭機能障害 35 3.43 5.15 2.86 72.34
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 30 13.47 15.12 6.67 86.23
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 25 15.56 13.83 0 81.76
総合診療科とは、高齢化が進むと一つの病気だけでなくいろいろな病気を持たれた患者さんが増えてきます。医療がどんどん専門別に細分化されていくと、一つの専門科だけでは対応できない患者さんも増えてくるため、院内の専門各科ともスムーズに連携しながら、正しく鑑別診断し治療していく診療科です。
そのため、内科全般にわたる疾患のプライマリ・ケア(初期治療)を行っており、全般的な肺炎の治療や、尿路感染症などさまざまな疾患に対応しています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳房部分切除(腋窩部廓清なし) 30 7.37 6.37 0 60.1
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳房部分切除(腋窩部廓清あり) 18 9.44 11.45 0 58.67
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳房切除(腋窩部廓清あり) 18 7.89 10.15 0 59.11
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり - - - - -
070041xx97x0xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) - - - - -
乳腺外科では、2016年5月1日より京都岡本記念病院として新病院に移転するとともに乳腺専用MRI装置が新設され、放射線治療センターが新設され乳がんに対する放射線治療が当院で実施が可能となり乳がん診療機能が大きく進化しました。
また乳がん手術は70件で、そのうち乳房切除術が35件、乳房温存手術が35件(乳房温存率50%)と多く行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 43 10 10 35 - 20 1 7
大腸癌 28 18 18 27 13 31 1 7
乳癌 25 26 - - - - 1 7
肺癌 33 26 38 43 45 79 1 7
肝癌 - - 15 14 - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では胃がん、大腸がんは消化器外科・消化器内科、乳がんは乳腺外科、肺がんは呼吸器外科、肝癌は外科的治療は消化器外科、カテーテル治療は消化器内科が診療しています。当院は緩和治療を積極的に行っているため、多臓器転移をしているStageⅣ、再発をしている症例が多く、手術だけでなく化学療法など患者さんの状態に合わせた治療を行っています。
また肺がんで不明が多い理由は、肺がんの気管支鏡検査の入院が多いため、当該入院中の情報だけで分類を行うことができないためです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 18 8.61 49.33
中等症 104 17.66 82.08
重症 24 21.92 84.92
超重症 - 45 83
不明 - - -
肺炎の重症度分類では「年齢」「BUN(血中尿素窒素)」「SPO2(動脈血酸素飽和度)」「意識障害」「血圧」の5項目から重症度を算出します。
当院では最も患者数が多いのは中等症ですが、重症以上の患者さんも決して少なくない数の入院があります。
また平均在院日数・平均年齢から分かるように軽症の平均年齢50歳ほどであるのに比べて、中等症以上では後期高齢者の年齢層になっており、平均在院日数も伸びていることから、肺炎は年齢が上がるごとに重症化していることが分かります。
脳梗塞の患者数等
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 246 38.38 74.63 22.26
その他 28 32.82 67.04 1.82
当院では脳梗塞は脳神経外科・神経内科で治療を行っています。
脳梗塞の治療では早期の治療が求められており、当院では24時間365日脳卒中の患者さんに対応できる体制を整えています。この体制によりいち早く治療を開始することができ、発症から3日以内の急性脳梗塞の患者さんが9割以上を占めています。
そして、関西トップレベルのリハビリテーションセラピストチーム体制が積極的にリハビリを行い、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした回復期リハビリテーション病棟を有しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 199 0.63 1.97 0 67.71
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 93 1.75 10.83 1.08 75.18
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 41 0.34 2.27 0 71.85
K654 内視鏡的消化管止血術 34 0.97 10.12 8.82 66.74
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 29 1.28 8.1 3.45 73.17
消化器内科では、大腸ポリープや大腸腺腫に対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術を最も多く行っています。
次いで、胆石や胆管癌などの胆道疾患に対して行われる手術である内視鏡的胆道ステント留置術の症例数が多くなっています。この手術は、狭くなっている胆道にチューブを挿入し拡張することにより、胆汁の流れをよくします。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 208 1.56 1.83 0 73.1
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 68 1.49 3.41 1.47 72.22
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 49 1.18 1.22 0 70.29
K5481 経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの)(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテルによるもの 47 2.02 2.87 0 73.64
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 19 0 23.05 15.79 64.84
循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術や、経皮的冠動脈形成術といった心臓カテーテル治療を多く行っています。心臓カテーテルとは、腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。
緊急で行う場合や検査と同時に行う場合、検査後一旦退院してから再入院を行う場合など、患者さんの状況に合わせて様々なタイミングで手術が行われます。
また、下肢閉塞性動脈硬化症に対する血栓の除去や血管の拡張をする手術も多く行っています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 82 3.24 5.91 1.22 62.4
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 78 1.47 3.45 0 67.51
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 31 6.97 20.26 6.45 75.03
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 26 5.73 12.04 0 70.96
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 24 0.21 4.79 0 40.38
消化器外科では、胆のう炎や胆石症などの胆のう疾患に対する胆のう摘出術が最も多く、腹腔鏡下で行うことで患者さんの負担をより少なくするよう努めています。
次に鼠径ヘルニアに対する手術を4泊5日で行っています。
大腸がんに対する手術も多く、病期分類でも分かるように進行がんの状態で多く見つかっているため、開腹手術での症例が多くなっています。近年では進行がんでも積極的に腹腔鏡下での手術を行っているため4番目に多い症例となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨・大腿・上腕) 72 2.44 63.99 9.72 77.88
K0462 骨折観血的手術(前腕・下腿) 44 2.11 15.84 2.27 58.48
K0731 関節内骨折観血的手術(股) 34 2.21 30.29 8.82 62.03
K0811 人工骨頭挿入術(股) 33 4.12 49.3 15.15 83.36
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 28 1.89 11.68 3.57 55.07
整形外科では、大腿骨頚部骨折に対する手術が上位1.3.4となり全体の3割近くを占めています。
大腿骨頚部骨折に対しては、骨接合術と人工骨頭挿入術という2つの治療法のいずれかが行われます。骨接合術とは当科で最も行われている手術で、骨の金属などの器具で固定して折れた部分をくっつける手術です。
人工骨頭挿入術とは、骨をくっつけるのではなく骨折した大腿骨の一番上の部分(骨頭)からそのすぐ下の細くなった部分(頚部)までを切断して、そこを人工物に置き換える手術です。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0153 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(100平方センチメートル以上) - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2センチメートル以上4センチメートル未満) - - - - -
K0111 顔面神経麻痺形成手術(静的なもの) - - - - -
K013-23 全層植皮術(100平方センチメートル以上200平方センチメートル未満) - - - - -
K0152 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(25平方センチメートル以上100平方センチメートル未満) - - - - -
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 69 1.3 11.17 21.74 76.32
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) 26 0.96 68.5 61.54 67.31
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 25 1.64 53.96 28 59.92
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓切除) 20 2.15 13.9 0 71.5
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 17 2.35 19.71 0 54.47
脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術です。高齢の方が初めに軽微な頭部外傷を負って1~2ヶ月ほど経過した際に、歩行障害や認知症様の症状が出現することがあります。手術は頭部の局所麻酔を行い、小さな穿頭で硬膜下に溜まった血腫を吸引し、洗浄除去します。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 40 2.55 9.35 0 71.08
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 24 4.75 3.13 0 39.5
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 10 2.8 7.9 0 73.9
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) - - - - -
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) - - - - -
呼吸器外科では、肺がんに対して一般的な根治手術である肺葉切除を最も多く行っています。肺は一つのかたまりではなく、右肺は「上葉・中葉・下葉」の3つ、左肺は「上葉・下葉」の2つに分かれています。どれか1つの肺葉を切除しても、他の部分が機能を補ってくれるため、呼吸などに大きな支障は基本的に出ません。また病巣だけではなく、肺葉全部を切除することで、目に見えないがん細胞の取り残しを防ぐことができます。
2番目に多い手術は気胸に対する手術です。気胸とは肺から空気が漏れて、胸腔に溜まっている状態で、その原因であるブラと呼ばれる袋を切除する手術です。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 15 1.53 15.53 6.67 74.13
K5607 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(腹部大動脈(その他のもの)) 14 2.5 20.5 7.14 76.71
K5602 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(弓部大動脈) 10 1.2 36.6 20 68.2
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 - - - - -
心臓血管外科で最も多い手術は大動脈瘤に対する手術です。方法としては大動脈瘤を切除し人工血管に置き換える手術と、カテーテルを挿入し瘤のあるところにステントグラフトを留置し、瘤に血液が流れるのをふさいで瘤の破裂を防ぐ手術があります。カテーテル治療は患者さんへの侵襲が少ない手術です。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 35 1.37 5.86 0 49.6
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 23 1.87 5.3 0 46.96
K877 子宮全摘術 17 1.82 7.88 0 49.41
K867 子宮頸部(腟部)切除術 14 1 2.07 0 43.64
K861 子宮内膜掻爬術 12 0 0.25 0 48.58
産婦人科では、子宮筋腫または早期子宮頚がんに対して腹腔鏡下での子宮全摘出術を最も多く行っています。 
また、腹腔鏡下では行えない症例もあり、3番目に多い手術となっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 565 0.92 1.05 0.18 75.32
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 33 1.06 4.06 0 70.82
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 19 0.95 3.42 0 74.26
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) - - - - -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - - - - -
眼科で最も多い手術は白内障手術で、片眼ずつ2泊3日入院で行っています。
2番目に多い手術は硝子体手術で、網膜剥離や硝子体出血や黄斑部の病気などに対する手術で、白内障手術と同時に行うことが多いです。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 55 0.98 4.55 0 20.16
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 34 1.44 3.5 0 55.32
K344 経鼻腔的翼突管神経切除術 11 1 3.36 0 33.91
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡によるもの) - - - - -
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) - - - - -
耳鼻咽喉科で最も多い手術は慢性扁桃炎に対する扁桃摘出術です。比較的若い年代の患者さんが多いため、平均術前・術後在院日数も短く、平均年齢も低くなっています。
また蓄膿症と呼ばれる慢性副鼻腔炎に対する手術も多く、前頭洞・篩骨洞・上顎洞・蝶形洞の4つの鼻腔に隣接した空洞を内視鏡を用いて手術します。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 19 0.42 44.84 52.63 75
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K178-2 経皮的脳血管形成術 - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
神経内科では、t-PAによる血栓溶解療法を行っても血栓が残留している患者さん、t-PA療法が行えない患者さんに対し、脳血栓回収術を行っています。梗塞巣が完成する前に血栓を回収し、脳の血流を再開させることにより脳梗塞による後遺症を防ぐよう努めています。超急性期治療になるため、対応できる医療機関は限られています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 42 1.95 3.55 0 73.71
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 26 1.12 2.31 0 65.35
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 24 0.92 5 0 73.21
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 21 1.33 1.62 4.76 68.62
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 17 0.65 1.82 0 65.41
泌尿器科では膀胱がんに対する経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)が最も多く、症例数としても膀胱がんが1番多いです。
次に経尿道的尿路結石除去術(TUL)を多く行っています。この手術は、腎結石症や尿管結石症に対して内視鏡を挿入し、レーザーにより結石を破砕し、カテーテルを用いて体外に結石を摘出します。短期間での結石除去が望めます。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 37 7.51 11.41 0 65.3
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 14 2.86 29.29 7.14 73.07
K5481 経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの)(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテルによるもの - - - - -
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
腎臓内科では血液透析の導入にあたり、内シャント造設術を行う手術を主に行っています。
次いで経皮的シャント拡張術・血栓除去術を多く行っています。シャント(人工的に動脈と静脈をつないだ血管)は、ときには狭くなったり、つまったりすることがあります。シャントは透析に絶対必要なものですので、カテーテルを用いて治療を行います。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 30 2 4.37 0 60.1
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 17 2 4.88 0 59.71
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 14 3.07 5.86 0 58.57
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5センチメートル以上) - - - - -
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。) - - - - -
乳腺外科では、乳房の腫瘍部分のみ切除を行う温存手術を最も多く行っています。この手術は乳房の大部分が残りますので美容的に優れています。
しかし、この手術の対象となるのは病変の範囲が比較的狭い方ですので、手術前の画像診断でしこりの大きい方や周囲への拡がりが広いことが予想される方は2番目・3番目に多く行っている乳房切断術の対象となります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 30 0.4
異なる 24 0.32
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 70 0.92
異なる - -
当院における敗血症の入院は半数以上が敗血症以外の疾患で入院してこられ、様々な原因から敗血症に至った症例でした。
原因としては、もともと感染によって入院された症例や、脳血管疾患などから全身状態が悪化し、敗血症を発症してしまったものでした。
手術・処置などの合併症では、ほとんどの症例が手術・処置などの合併症を主として入院され、治療を受け退院される症例でした。
更新履歴
2018年9月14日
平成29年度分公開
2017年9月29日
平成28年度分公開
2016年9月21日
平成27年度分公開