MRI検査とは

MRI(Magnetic Resonanse Imaging;磁気共鳴画像)検査とは、X線撮影やCTのようにX線を使うことなく、その代わりに強い磁石と電波を使い体内の状態を断面像として描写する検査です。
体内の水素原子が持つ弱い磁気を、強力な磁場でゆさぶり、原子の状態を画像にします。検査概要として、患者さんにはベッドに仰向けに寝ていただいた状態で磁石の埋め込まれた大きなトンネルの中に入ってもらい、FMラジオに用いられる電波を身体に 当てることによって、体の中から放出される信号を受け取りコンピューターで計算することで、体内の様子を画像として表します。
体内の様々な病巣を発見することができますが、特に脳や卵巣、前立腺等の下腹部、脊椎、四肢などの病巣に関しては、圧倒的な検査能力を持っています。




頭部 T2強調画像



膝関節の矢状断


なぜ検査中、MRI装置から音がするの?
検査中に聞こえる雑音の主原因は、撮影する写真の厚み及び位置関係等を、決定する為に必要とする傾斜磁場コイルに、電源をON−OFF繰り返しかけることにより、コイルが伸縮する時に出る音です。