診療科紹介

  1. ホーム
  2. 診療科紹介
  3. 外来・入院・訪問リハビリ

外来・入院・訪問リハビリ

外来リハビリ

 当院の外来には首や肩の痛み、腰の痛み、股関節の痛み、膝の痛み、手足の痛みなどさまざまな症状の患者さまがいらっしゃいます。リハビリでは医師からの指示をもとにそれぞれの症状に応じた詳細な評価、検査を実施し治療にあたっています。

 当院は特に京都府立医科大学の整形外科医と共に肩関節疾患に対するリハビリテーションに力を入れています。代表的な疾患は腱板断裂、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)、拘縮肩、胸郭出口症候群、肩鎖関節脱臼、副神経麻痺、長胸神経麻痺などの神経麻痺、投球障害をはじめとするスポーツ障害などです。

また、手の骨折、関節リウマチ、手根管症候群などによる手の痛み、しびれ、可動域制限に対するリハビリテーションとして作業療法士が対応しております。

14695206982k_FI8pnM6BH4OJ1469520696.gif

月曜日~土曜日の午前9時~12時の間でご予約をいただき、それぞれの疾患に合わせてマンツーマンでのリハビリをおこなっています。
通勤・通学のため午前中のリハビリ予約が困難な場合は水・金曜日の午後6時~7時半時のご予約もおこなっております。
※各科の夜間診療はおこなっておりませんのでご注意ください。
リハ室での治療風景

投球障害に対するリハビリ

投球障害をはじめとするスポーツ傷害に対しては、医師の指示のもと動画解析によるフォームチェックや自主トレーニングの指導など、怪我をしない身体作りをサポートします。また院外活動として当院スタッフは京都府下の野球検診にも参加しており、怪我が見つかった選手に対して医師と連携しながら治療にあたり復帰をめざします。
投球障害に対するリハビリ

物理療法

医師の指示のもと牽引治療や電気治療、温熱療法などの物理療法、またマッサージ療法もおこなっています。(月曜日~金曜日の午前中のみ※予約制)
物理療法

筋電図検査

リハビリテーションの客観的な効果判定、問題点の把握の為に医師の指示のもとで筋電図検査をおこなっています。
筋電図検査

レントゲンによる動態分析

肩疾患に関して、詳細な動きや特徴、正常動作との比較を明らかにするために医師の指示のもと挙上動作を一定角度ごとにレントゲン撮影し、筋電図と合わせて総合的な解析をおこなっています。
レントゲンによる動態分析

入院リハビリ

 当院の入院施設は一般病棟(障害者病棟※)および医療療養型病棟から成り立っております。急性期、回復期病院を経て病状としては安定しつつも自宅へ退院復帰するには運動機能や精神機能が不十分な方々を対象に入院していただき、状態に応じたリハビリテーションを実施しております。在宅復帰を目指して、日常生活動作(食事動作、トイレ動作等)のリハビリテーションに取り組み、必要であれば退院前にご自宅へ伺い手すりの設置や段差解消についてアドバイス(退院前訪問指導)をさせていただきます。また、高齢化が進み障害が重度化されている患者さまには障害の重症化を予防すべく、関節運動や筋肉のストレッチングを実施し入院生活を安心して過ごしていただけるようなリハビリテーションを実施しています。

 ベッドサイド、リハビリ室、院内歩行、屋外歩行など、それぞれの患者さまの病態や体調に合わせて無理のない範囲でリハビリをおこなっています。

※障害者病棟とは

以下を対象とした専門病床です。

  • 重度の肢体不自由者―脳卒中後遺症および認知症が主病名である患者を除く
  • 脊髄症等の重度障害者―脳卒中後遺症および認知症が主病名である患者を除く
  • 重度の意識障害者 意識障害レベルがJCS(Japan Coma Scale)でⅡ-3以上又はGCS(Glasgow Coma Scale)で8点以下の状態が2週間以上持続している患者
  • 神経難病患者―筋ジストロフィー・多発性硬化症・重症筋無力症・筋委縮性側索硬化症・脊髄小脳変性症・ハンチントン病・パーキンソン関連疾患・多系統萎縮症・亜急性硬化性全脳炎及びもやもや病

訪問リハビリ

 住み慣れたご自宅で療養生活を行っている方々に対して理学療法士が直接ご自宅に訪問し、それぞれの状況に応じたリハビリテーションや精神的サポートなどを行うことにより、より良い生活をおくってもらうための支援サービスです。

動かし辛くなった身体に対して、筋肉のストレッチングをしたり、関節運動を行います。起き上がったり、立ち上がったり、歩行するなどの時に、より安定した動作が行えるよう指導します。
手すりの位置や段差への対応の仕方、杖などの福祉用具を選択するポイントを助言します。
食事・排泄・入浴・更衣などの日常的な各動作について動作方法や介助方法を具体的に指導します。
意欲が低下しないようなサポートのほか、ご家族が抱える身体的・精神的な負担(介護負担)などについてアドバイスします。

乗用車、原付バイク、自転車にてご自宅へお伺いいたします。

ご利用にあたって

介護認定をされ、主治医が必要と認めた場合に訪問リハビリを受けることができます。担当の介護支援専門員(ケアマネージャー)を通じてご相談ください。

伏見岡本病院 リハビリテーション科

ページの先頭へ戻る