TEL
医師・研修医の募集

初期研修医 プログラム概要

プログラムについて

研修理念

地域を支え、地域に支えられている病院であることを理解し、救急医療はもとより幅広い臨床能力の取得と医師としての人格形成をおこなう。

基本方針

  1. 医師としての人格を涵養し、地域医療において実践できる基本的能力を身につけることを目標とする。
  2. 当院が社会医療法人であることを理解し、救急・初期診療に対応する能力を身につけ地域医療に貢献する。
  3. 適切なコミュニケーション能力を持ち、チーム医療を実践する。
  4. 医療安全に留意し、患者ならびに医療従事者に安全な医療が遂行できるようになる。

プログラムの名称

京都岡本記念病院卒後臨床研修プログラム
≫pdfファイルのダウンロードはこちらから

研修実施責任者

佐野 統(院長)

プログラム総括責任者

長谷川 雅昭(総合診療科)

協力型臨床研修病院

【精神科】

医療法人栄仁会 宇治おうばく病院(精神科)
〒611-0011
京都府宇治市宇治五ヶ庄三番割32-1
TEL 0774-32-8111
FAX 0774-32-6358

研修実施責任者 岡 正悟(院長)
指導医 竹田 明子(精神科医長)

【小児科・産婦人科】

京都第一赤十字病院(産婦人科・小児科)
〒605-0981
京都市東山区本町15丁目749番地
TEL:075-561-1121
FAX:075-561-6308

研修実施責任者 池田 栄人(院長)
指導医 大久保 智治(産婦人科部長)
指導医 木﨑 善郎(小児科部長)

臨床研修協力施設

社会医療法人岡本病院(財団) 伏見岡本病院
医療法人弥生会 上田診療所
村山医院
宮津市由良診療所
京丹後市久美浜病院
まつだ在宅クリニック
よしき往診クリニック

研修計画と体制

研修計画

原則として研修期間は2年間とする。

  1. 研修プログラム1年目、2年目共通:内科24週、救急12週、外科4週、精神科4週、産婦人科4週、小児科4週、一般外来4週を必修科目として実施する。
    ・内科研修:内科系診療科【消化器内科、循環器内科、腎臓内科、糖尿病内分泌内科、脳神経内科、総合診療科、リウマチ・膠原病内科】を内科領域の到達目標を達成できるようにローテーション研修する。
    ・一般外来研修:ブロック研修又は並行研修により到達目標が達成できるように研修する。
  2. 2. 研修プログラム2年目:地域医療4週を必修科目として実施する。
    ・地域医療:中小病院、診療所、へき地、在宅訪問から、1箇所又は2箇所を選択、4週又は2週ごとの研修を行う。(選択制)※久美浜病院を選択した場合のみ、1箇所8週となる。(「地域」4週+「選択」4週)
  3. 選択科目:研修目標の達成、さらには専門的知識・技能を習得するために、以下に記載する診療科を選択科目として研修する。
    《選択科目》
    消化器内科、循環器内科、腎臓内科、糖尿病内分泌内科、脳神経内科、救急部、総合診療科、麻酔科、リウマチ・膠原病内科、外科(消化器一般外科)、心臓血管外科、脳神経外科、呼吸器外科、整形外科、乳腺外科、リハビリテーション科、泌尿器科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、特定集中治療室(ICU)、小児科、産婦人科、病理診断科、精神科、地域医療
  4. スケジュール:「卒後臨床研修ローテーション表」のとおりとし、希望に応じた選択方式とする。但し、病院都合により、希望に応じられない場合あり。

卒後臨床研修ローテーション表

※一般外来は並行研修として行なう場合あり

指導体制

各科「診療科別臨床研修プログラム」に沿った研修を行い、研修期間内において一般目標・行動目標が達成できるように、指導医が責任をもって教育・指導にあたる。

研修の評価

2年間の全プログラム終了時に、研修医自己評価、各科指導医の研修医評価に基づく目標達成度総合評価が「京都岡本記念病院臨床研修管理委員会」において行われ、合格者には研修修了時に院長から研修修了書を授与する。不合格時には再教育後、再評価する。

医師・研修医の募集 看護師の募集 医療スタッフの募集
医師・研修医の募集 看護師の募集 医療スタッフの募集