TEL
先輩の声

看護師(新人看護師)

鞍田 彩香

患者さん一人ひとりの症状に応じた看護技術を提供できるように…

入職して1年、本配属になり約半年が過ぎました。現在、看護師2年目となり脳神経外科・内科の病棟に勤務しています。当院の特徴である新人ローテーション研修では3つの病棟と救急センター・手術室・ICUなどの特殊部署を半年かけて回りました。それぞれの部署に慣れた頃に異動になるためしんどいと感じることもありましたが、それ以上にそれぞれの部署のそこでしか学べない看護や技術の特徴を学ぶことにより、自分自身の成長に大いにつなげることができたと考えます。

本配属には、ローテーション研修では未経験ですが学生の頃から興味のあった現在の病棟を希望しました。急性期病棟で非常に忙しい病棟であり、毎日のように手術・カテーテル検査・入退院などが多く、最初の頃は精神的にも体力的にもしんどいと感じることが多かったです。しかし、先輩の皆さんが優しく積極性のある方ばかりで、多忙な業務の中、とても丁寧に仕事を教えて下さり、そのおかげで病棟になじむことができました。また優しさだけでなく時に厳しく指導もしてくださるため、気持ちを引き締めて仕事に励むことができています。そして忙しいからこそ患者対応における優先順位や緊急性をしっかり考える必要があり、そのような力も少しずつではありますが身につき、できることが日々増え、自信に繋がっていると感じます。

脳血管疾患の患者さんは、麻痺や意識障害の出現により身体的ダメージだけでなく精神的・社会的にもダメージが大きいため、今後は患者さんだけでなくそのご家族に対する支援を、もっと看護として行えるようにしていくことが目標です。また、麻痺の状態に応じた介助の方法、失語に対するコミュニケーションの取り方など、患者さん一人ひとりの症状に応じた看護技術を提供できるようになることも目標です。まだまだ分からないことも多く、課題ばかりではありますが、忙しい病棟であるからこそ業務的になってしまわないよう、今後もしっかり自分の看護観を持ち、ケアしていけるよう努めていきたいと考えています。

医師・研修医の募集 看護師の募集 医療・介護・その他スタッフ
医師・研修医の募集 看護師の募集 医療・介護・その他スタッフ