入院・面会

ホーム入院・面会入院のご案内 > 入退院に関すること

入退院に関すること

入院の流れ・退院の流れ

入院の流れ
  • 入院当日は、指定時間までに「1階入退院センター」へお越しください。
  • 入院書類の確認・リストバンドの装着などを行います。
  • 指定された時間に来院できない場合は、必ず、病院へご連絡ください。
退院の流れ
  • 退院日が決定すれば、「退院日スケジュール」をお渡ししますので、ご確認ください。
  • 病棟での「退院日スケジュール」が全て完了しましたら、1階会計にてお支払いをお済ませください。
  • その後、「退院日スケジュール」と「領収書」を、1階入退院センターにお持ちください。
  • 確認の後、リストバンドをはずさせていただきます。

準備していただくもの

保険証
高齢者受給者証・公費負担医療受給者証・限度額認定証等をお持ちの方は、ご持参ください。
保険証
入院のご案内(兼予約券)
入院申込書、入院誓約書、実費徴収に関する同意書
「入院される皆様へ」の用紙
印鑑(必要時にご提示ください)
他の医療機関の退院証明書(3ヶ月以内に入院された方のみ)
その他(手術同意書や検査同意書等をお持ちの方)(有料室ご希望の場合、差額室入室の同意書)
日用品
寝巻またはパジャマ(2枚以上)/ 下着 / バスタオル / タオル(各3枚以上) / ティッシュペーパー(箱) / 履きなれた滑らない履物(運動靴などをお勧めします) / イヤホン(テレビ用)
日用品
お薬
  • 現在使用しているお薬は、必ずご持参ください(軟膏、点眼薬、インスリン、貼り薬等含む)
  • お薬手帳や説明書
おくすり手帳
洗面、洗髪用品
石鹸またはボディソープ / シャンプー / 歯磨き用品 / クシ / 髭剃り
洗面、洗髪用品
食事用品
箸(もしくは、スプーン、フォーク) / コップまたは湯呑み / 小型のやかん、または水筒
食事用品
その他
  • 日用品や洗面・食事用品は、入院レンタルセット(有料)のご利用ができます。ご希望の方は、病棟の看護師におたずねください。
  • オムツ・パッドなどは、有料にて病院でご用意します。
  • 紛失防止のため、持ち物には必ずお名前のご記入をお願いします。
  • 貴重品などの紛失につきましては、病院は責任を負いかねますので、自己管理をお願いします。
  • 入院内容により、その他必要な物や枚数に変更がある場合は、入院後、病棟にて看護師がご説明します。

お部屋について

  • 一般的な病床は総室(4人部屋)になります。
  • 個室などをご希望される方は、入院予約時にお申し出ください。
    但し、個室の室料は、自己負担となりますので、あらかじめご了承ください。
総室
病室についてのお願い
  • 患者さまの重症度や状態に応じて病室を使用していますので、ご希望の病棟・病室の確保が困難な場合、再度ご相談させていただくことがあります。
  • 入院中においても、他の病棟や病室への移動をお願いすることがあります。
付き添いについて
  • 当院では、原則として付き添いはしていただいておりません。
  • 病状などで、医師が必要と判断した場合は、付き添いをお願いいたします。
  • 付き添いを希望される場合は、看護師にご相談ください。
  • 付き添われる際、必ず病棟看護師にご相談の上、許可を受けて、付き添い許可証の記入をしてください。

入院費のお支払いについて

定期請求

毎月1回、月末で締めて計算した請求書をお渡しいたします。

配布日
毎月10日(10日が日曜祝日の場合は翌日)
配布方法
入院申し込み書でお申し出いただいたとおりに配布させていただきます。
お支払い方法
請求書をお持ちになり、1階自動精算機または会計窓口にてお支払いください。
現金・クレジットカード・銀行振り込みいずれでも可能です。
お取扱時間
自動精算機・会計窓口 9時~16時30分
日・祝・時間外は救急窓口にて取り扱いをしております。
支払期限
請求書配布日より、1週間以内
退院請求

退院当日、請求書を担当者がお部屋までお持ちします。

配布日
退院当日
お支払い方法
請求書をお持ちになり1階自動精算機または会計窓口にてお支払いください。
現金・クレジットカードいずれでも可能です。
支払い期限
退院まで。
※退院が決まり、退院時の概算がお知りになりたい方は、スタッフステーションまで、お申し出ください。
急な退院時のお支払いについて

急な退院で、入院費の精算ができない場合は、入院期間に応じて、内金でのお支払いをお願いします。

入院期間が7日以内の場合 ・・・ 3万円

入院期間が8日以上の場合 ・・・ 5万円

・この場合、保険の種別にかかわらず、一律の金額です。
・後日、正規の金額を連絡し、差額分の精算をさせていただきます。

  • 退院時に全額お支払いができない場合は、保証人を立てた上で念書を記入していただきます。
  • 領収書は、高額療養費制度による医療費の払い戻しや、医療費控除等を申請する際に必要となりますので、大切に保管してください。
  • 領収書を紛失された場合の、再発行はできません。その場合、領収書の代わりとして、「医療費領収証明書」の発行ができますが、1通につき1,000円(税別)の費用がかかります。
  • 『個別の診療報酬の算定項目のわかる明細書』の発行について当院では、医療の透明化や患者さまへの情報提供を積極的に推進していく観点から、平成22年度より、領収書の発行の際に、個別の診療 報酬の算定の分かる明細書を無料で発行しています。
入院費の計算方法
  • 当院は、包括評価方式(DPC/PDPS)により入院費を計算しています。
  • この方式では、病名などに応じた1日あたりの定額の医療費からなる包括部分(入院基本料、検査、投薬、注射、レントゲンなど)と、出来高部分(手術、胃カメラ、リハビリなど)を組み合わせて計算します。
    ※DPC/PDPSでは、一部の病気や一定期間を経過して入院を継続する場合など、従来と同じ出来高方式により計算を行う場合があります。
入院費 計算方法
健康保険証の確認
  • 健康保険証は、毎月1回、病棟スタッフステーションまたは1階総合受付に提出してください。
  • 入院中に、健康保険証の変更があった場合は、速やかにお知らせください。
証明書等について
  • 証明書等を希望される場合は、1階総合受付にてお申し出ください。
  • ご依頼の際、引換券をお渡しします。受け取り時に必要ですので、大切に保管してください。
  • 作成された証明書等は、1階総合受付にて料金と引き換えにお渡しします。
  • 作成には日数がかかるものがありますので、ご了承ください。
  • 発行には文書料が必要です。