診療科・部門

ホーム診療科・部門診療科 > 消化器外科

消化器外科

当科の特色・概要

外科について
外科では、一般的な外傷や小手術から、上部及び下部消化管疾患、肝臓・胆臓・膵臓などの消化器疾患を始めとして、がん治療さらには、緊急性を要する急性疾患まで幅広くカバーしています。

モットーは、患者さん一人一人の状態を把握して、その方に最も適した治療法を選択することです。
例えば、外傷では小さなものから多臓器にわたる多発外傷までさまざまです。また、待機手術においても重篤な基礎疾患を有する患者さんが増加しており、個々の患者さんによって病状は様々です。

当院ではICU、透析室(血液浄化センター)を併設しており、外傷手術では脳神経外科、整形外科、心臓血管外科と協力し、また、高齢、合併症を有する患者さんにおいては麻酔科、内科、腎臓内科、循環器内科と密に連携しています。人材面でも施設面でも、急場に対応でき、安全かつ迅速に手術を遂行しています。

がん治療に関しましては、その臓器の特異性、年齢、進行度を十分考え手術療法だけでなく化学療法も考慮しなければなりません。ひとくちに手術療法といっても縮小手術から拡大手術までその選択は患者さんによって大きく異なります。

いずれの場合でも、患者さん、個人に合わせて専門性が必要となる疾患まで、より専門の施設をご紹介したほうがよい疾患でもその窓口として、あらゆる外科疾患のご相談に対応いたします。また、退院後でも、患者さんのご希望に合わせて、お近くのかかりつけ医に病状をお知らせして、かかりつけ医の下で日常生活を円滑に過ごせるよう、あるいは、当院で懇切丁寧なフォローを受けられるよう、配慮しています。
全人的な治療をめざし、患者さんのニーズにお答えします。

対象となるおもな疾患

治療領域
  • 消化器外科(食道、胃、小腸、大腸、肛門、肝臓、胆道、膵臓)
  • その他ヘルニアなどの一般外科

当院が対応している症例は以下のとおりです。

比較的侵襲の高い手術として
胃がん等胃切除
大腸がん等腸切除
膵頭十二指腸切除
食道がん等食道切除
肝臓がん等肝切除
その他の手術として
痔核根治
鼠径ヘルニア手術
腹腔鏡下胆嚢摘出術
腹腔鏡下虫垂切除術
外来小手術  など

おもな病気の診療指針

胃がん
病変の範囲を詳細に検討し、安易に胃全摘を選択せず、可能なかぎり胃を温存する術式を選択しています。進行がんの場合、術前化学療法なども併用して根治性を高めるようにしています。
手術は可能なかぎり腹腔鏡下に行うことで体への負担を少なくし、早期退院、社会復帰につなげられるようにしています。また、栄養科とも連携して食事指導を行っています。
大腸がん
大腸カメラ、CTやMRI検査で精密にがんの広がりを診断し、適切な切除範囲を決定しています。直腸がんで肛門に近い病変の場合、根治性や肛門温存をねらって術前化学療法を行うこともしています。腸閉塞の状態で大腸がんが見つかる方もおられますが、その際はなるべく人工肛門増設を避けるためにステント留置などで腸閉塞を解除したのち、後日に腹腔鏡下手術を行うこともしています。
膵臓がん
膵臓がんは悪性度が高いため、手術だけでなく化学療法や放射線治療を含めた集学的治療が重要になってきます。最近では切除できそうな場合でも、はじめに科学療法を追加することもあります。個々の症例に応じて、内科や放射線科との合同カンファレンスで方針を決めています。
胆石症・急性胆嚢炎
胆石発作や発熱をともなう胆嚢炎を来した場合、手術をお勧めしています。全身状態がきわめて悪い場合は、局所麻酔下の胆嚢穿刺ドレナージ術などで一時的避難処置を行うこともあります。炎症が軽度であれば腹腔鏡下に胆嚢摘出術を行いますが、癒着が強い場合は開腹胆嚢摘出術になることがあります。
鼠経ヘルニア
最近では広範囲に目視下で修復が可能である腹腔鏡下鼠経ヘルニア手術が主流になっています。臍と両側腹部に5mm程度の小さな傷で手術が可能です。4日程度の入院です。
急性虫垂炎
最近では、急性期に行わずに抗生剤で炎症や膿をおさえてから、3カ月ぐらい後で待機的に腹腔鏡下虫垂炎切除を行うことも多くなってきました。これは、急性期に膿瘍形成を伴った状態で手術をした場合、腸切除を伴うような大きな手術になる可能性があるためです。ただし、初回での入院期間が延長することもあるので、個々の症例に応じて緊急手術などで適切に対応します。
外来化学療法
がんは現在わが国の死亡原因第一位であり、術後の化学療法が必要である患者さんも年々増加しています。
化学療法の副作用対策や適切な薬剤の使用方法により、その効果は向上し、安全性や患者さんのQOL(生活の質)の点などからも、化学療法は確実に外来での施行が主流になってきています。外来で化学療法を行うことで、患者さんの経済面の負担を少なくし、ご家族の支えの中、安心して治療を受けることが可能です。

当院でも患者さんの要望に応え、これまで入院して治療しなければならなかった「がん化学療法」の一部が、病院に通いながら外来で受けられるようになりました。

外来化学療法室は完全予約制となっており、利用にあたっては前もって主治医に相談して治療を行います。当日の検査データや体調により化学療法の実施や延期が決定されます。
治療は入院で行っていた治療と変わりはなく、疾患ごとの標準的治療法に従って抗がん剤を投与します。投与後の副作用のチェック等は随時行っており、入院での化学療法を外来で同様に行うことが可能です。
緩和医療
「外来化学療法」「緩和医療」のついては
がん診療支援のページもご覧ください。

外来診察日

外来診察医師担当表をご覧ください。

担当医師(常勤)

  • 清水 義博 主任部長(副院長、救急科部長)
    清水 義博 主任部長(副院長、救急科部長)
    資格など
    • 医学博士
    • 日本外科学会指導医
    • 日本外科学会外科専門医
    • 日本外科学会認定医
    • 日本消化器外科学会指導医
    • 日本消化器外科学会消化器外科専門医
    • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
    • 日本消化器外科学会認定医
    • 近畿外科学会評議員
    • 特定非営利活動法人日本緩和医療学会暫定指導医
    • 日本がん治療認定医機構暫定教育医
    • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    • 検診マンモグラフィ読影認定医師
    • 京都大学医学部臨床教授
    • 京都府立医科大学臨床教授
    • 京都府立医科大学学外講師
    • 日本救急医学会救急科専門医
    • ATOM・SSTTインストラクター
    • JATECインストラクタートレーナー
    • 日本Acute Care Surgery学会評議員・認定医
    • MCLSインストラクター兼近畿支部管理世話人
    • JPTECインストラクター兼近畿支部世話人
    • 日本救急医学会認定ICLSインストラクター、コースディレクター
    • AHA(アメリカ心臓協会)ACLS、BLSインストラクター
    • 京都府医師会救急委員会委員
    • 山城北地域メディカルコントロール協議会委員(医師)
    • 京都府臓器移植コーディネーター
    • 京都府院内臓器移植コーディネーター協議会代表世話人
    • 日本DMAT隊員
    • 日本DMAT統括DMAT登録者
    • 日本DMATインストラクター
    • 京都府災害医療コーディネーター
    • 京都府立医科大学卒
  • 福田 賢一郎 部長
    福田 賢一郎 部長(医局統括)
    資格など
    • 医学博士
    • 日本外科学会指導医
    • 日本外科学会外科専門医
    • 日本消化器外科学会指導医
    • 日本消化器外科学会専門医
    • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
    • 日本内視鏡外科学会技術認定医
    • 日本消化器病学会専門医
    • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    • 検診マンモグラフィ読影認定医師
    • 日本乳癌学会認定医
    • 近畿外科学会評議員
    • 日本DMAT隊員
    • 京都府立医科大学卒
    研究課題・専門分野
    消化器外科、胃がん
    医師からひとこと
    わかりやすい説明と迅速な対応で親身になって治療にあたります。
  • 山本 芳樹 副部長
    山本 芳樹 副部長
    資格など
    • 医学博士
    • 日本外科学会外科専門医
    • 日本外科学会認定医
    • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    • 検診マンモグラフィ読影認定医師
    • 日本緩和医療学会研修指導医
    • 京都府立医科大学卒
    研究課題・専門分野
    一般外科、消化器外科、がん化学療法、緩和医療
  • 寒川 玲 医長
    資格など
    • 日本外科学会外科専門医
    • 山口大学卒
    研究課題・専門分野
    消化器外科
    医師からひとこと
    患者の皆さまが安心して医療を受けられるよう、日々精進していきます。
  • 西田 龍朗 医長
    資格など
    • 日本外科学会外科専門医
    • 滋賀医科大学卒
    研究課題・専門分野
    消化器外科
    医師からひとこと
    患者さんを最初から最期までみられる医師を目指します。
  • 工藤 道弘 医長
    資格など
    • 医学博士
    • 日本外科学会外科専門医
    • 日本消化器外科学会指導医
    • 日本消化器外科学会専門医
    • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
    • 日本内視鏡外科学会技術認定医
    • 京都府立医科大学消化器外科特任助教
    • 京都府立医科大学卒
    専門分野
    消化器外科、大腸外科、腹腔鏡手術
    医師からひとこと
    誠意をもって、より低侵襲かつ効果的な治療を患者さん職員一丸となって達成できるよう頑張っていきたいと考えています。
  • 山内 大輝 専攻医
    資格など
    • 京都府立医科大学卒
    医師からひとこと
    患者さんに合わせた治療ができるよう日々精進していきたいと思います。

診療実績

術式別 主な消化器外科手術実績
食道
  2018年度 2019年度 2020年度
食道悪性腫瘍切除 1 1 1
1 1 1

  2018年度 2019年度 2020年度
腹腔鏡下幽門側胃切除術 10 30 23
腹腔鏡下胃全摘術 2 4 6
腹腔鏡下噴門側胃切除 0 2 2
腹腔鏡下胃部分切除術 2 1 1
腹腔鏡下胃腸吻合術 0 3 3
開腹幽門側胃切除 12 2 1
開腹胃全摘術 14 3 2
開腹胃腸吻合術 1 3 0
41 48 38

大腸
  2018年度 2019年度 2020年度
悪性疾患
腹腔鏡下結腸切除術 19 45 42
腹腔鏡下直腸前方切除術 13 23 16
腹腔鏡下直腸切断術(マイルズ) 1 3 5
腹腔鏡下ハルトマン手術 0 2 1
開腹結腸切除術 32 13 5
開腹直腸前方切除術   2 0
開腹ハルトマン手術 2 3 0
開腹骨盤内臓全摘術 3 1 1
70 92 70
良性疾患
腹腔鏡下結腸切除術 1 8 5
腹腔鏡下ハルトマン手術 0 2 1
開腹結腸切除術 11 3 10
開腹ハルトマン手術 6 1 1
18 14 17

  2018年度 2019年度 2020年度
葉切除 4 1 2
亜区域切除 1 1 2
区域切除 2 2 3
部分切除 8 3 3
腹腔鏡下部分切除 1 2 2
16 8 12

  2018年度 2019年度 2020年度
膵頭十二指腸切除術 7 8 6
膵尾側切除 1 5 2
膵全摘術 1 1 1
9 14 9

胃十二指腸潰瘍穿孔
  2018年度 2019年度 2020年度
腹腔鏡下大網充填術 2 6 7
開腹大網充填術 4 2 0
6 8 7

  2018年度 2019年度 2020年度
腹腔鏡下胆嚢摘出術 105 113 91
開腹胆嚢切除術 34 8 10
胆嚢悪性腫瘍手術 1 2 0
140 123 101

  2018年度 2019年度 2020年度
腹腔鏡下脾摘出術 0 1 0
開腹脾摘出術 1 1 1
1 2 1

虫垂炎
  2018年度 2019年度 2020年度
虫垂切除術 25 3 0
腹腔鏡下虫垂切除術 14 23 21
39 26 21

イレウス
  2018年度 2019年度 2020年度
腹腔鏡下イレウス解除術 0 13 14
開腹イレウス解除術 13 7 8
13 20 22

ヘルニア
  2018年度 2019年度 2020年度
腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術 2 42 60
直視下鼡径ヘルニア修復術 73 31 15
75 73 75

  2018年度 2019年度 2020年度
腹腔鏡下腹壁瘢痕ヘルニア修復術 3 8 6
開腹腹壁瘢痕ヘルニア修復術 8 5 6
11 13 12

肛門管とその周囲皮膚
  2018年度 2019年度 2020年度
痔核手術 5 3 8
痔瘻手術 2 0 1
直腸脱 0 6 2
腹腔鏡下直腸脱根治術 0 2 3
7 11 14

手術件数
  2018年度 2019年度 2020年度
全麻 409 451 429
腰麻 70 34 16
局麻 58 65 75
537 550 520