診療科・部門

ホーム診療科・部門診療科 > 消化器外科

消化器外科

当科の特色・概要

外科について
外科では、一般的な外傷や小手術から、上部及び下部消化管疾患、肝臓・胆臓・膵臓などの消化器疾患を始めとして、がん治療さらには、緊急性を要する急性疾患まで幅広くカバーしています。

モットーは、患者さま一人一人の状態を把握して、その方に最も適した治療法を選択することです。
例えば、外傷では小さなものから多臓器にわたる多発外傷までさまざまです。また、待機手術においても重篤な基礎疾患を有する患者さまが増加しており、個々の患者さまによって病状は様々です。

当院ではICU、透析室(血液浄化センター)を併設しており、外傷手術では脳神経外科、整形外科、心臓血管外科と協力し、また、高齢、合併症を有する患者さまにおいては麻酔科、内科、腎臓内科、循環器内科と密に連携しています。人材面でも施設面でも、急場に対応でき、安全かつ迅速に手術を遂行しています。

がん治療に関しましては、その臓器の特異性、年齢、進行度を十分考え手術療法だけでなく化学療法も考慮しなければなりません。ひとくちに手術療法といっても縮小手術から拡大手術までその選択は患者さまによって大きく異なります。

いずれの場合でも、患者さま、個人に合わせて専門性が必要となる疾患まで、より専門の施設をご紹介したほうがよい疾患でもその窓口として、あらゆる外科疾患のご相談に対応いたします。また、退院後でも、患者さまのご希望に合わせて、お近くのかかりつけ医に病状をお知らせして、かかりつけ医の下で日常生活を円滑に過ごせるよう、あるいは、当院で懇切丁寧なフォローを受けられるよう、配慮しています。
全人的な治療をめざし、患者さまのニーズにお答えします。

対象となるおもな疾患

治療領域
  • 消化器外科(食道、胃、小腸、大腸、肛門、肝臓、胆道、膵臓)
  • その他ヘルニアなどの一般外科

当院が対応している症例は以下のとおりです。

比較的侵襲の高い手術として
胃がん等胃切除
大腸がん等腸切除
膵頭十二指腸切除
食道がん等食道切除
肝臓がん等肝切除
その他の手術として
痔核根治
鼠径ヘルニア手術
腹腔鏡下胆嚢摘出術
腹腔鏡下虫垂切除術
外来小手術  など

おもな病気の診療指針

胃がんの治療
当院消化器内科で内視鏡的粘膜切除の適応外とされた早期のがんでは、胃の機能をできるだけ温存するため、迷走神経の温存や、胃幽門部を温存する術式をできるだけ行うようにしています。その結果、胃切除にともなう食事量の制限や術後のダンピング症状がなく、手術を受けた方に喜ばれています。

また、適応する症例には積極的に腹腔鏡下胃切除術を行い、患者さまの負担を軽減するように努力しています。
進行した胃がんの患者さまにも充実した時間を過ごしていただけるように、対応します。
肝臓、胆のう、膵臓の悪性腫瘍
この領域のがんに対する外科治療は、解剖学を熟知し、かつ超音波検査やX線CTなどの画像診断を立体的に解釈して手術に活かす技術が重要です。なかでも肝切除術における術中超音波検査の応用は、内部を肉眼的に見ることのできない実質臓器を切除してゆくうえで必須の技術となります。このような専門性の高い外科治療も、得意としています。
腹腔鏡下手術
腹腔鏡下手術は、生体に対する侵襲性の低さから、患者さまへの肉体的負担が少なく、そのため、術後早期の退院が可能です。腹腔鏡下胃切除術をはじめとして、腹腔鏡下大腸切除術、腹腔鏡下胆嚢摘出術など各種の手術についての豊富な経験から、適応例には積極的に行っています。気胸手術の殆どは胸腔鏡下手術で行い、虫垂炎(いわゆる盲腸)の手術もほとんどが腹腔鏡下虫垂切除術になっています。

また、他院では急性虫垂炎は開腹手術で行われています。しかし、そういった緊急疾患でも、豊富な経験から、当院では迅速に手術準備を行うことができるので、全例、基本的には腹腔鏡下虫垂切除術を行っています。
腹膜炎で原因が同定できない症例でも、積極的に腹腔鏡下手術を導入しており、腹腔鏡で腹腔内を観察して、腹膜炎の原因を同定します。

例えば、胃穿孔であれば大網充填ドレナージを行い、虫垂炎なら虫垂切除を行います。また、婦人科疾患であっても、腹腔鏡で対応しており、必要であれば、婦人科と協力して治療を行います。
腹腔鏡を有効に利用することで、患者さまの負担を減らし、術後早期退院の患者さまのご要望にお応えできるよう努めています。
外来化学療法
がんは現在わが国の死亡原因第一位であり、術後の化学療法が必要である患者さまも年々増加しています。
化学療法の副作用対策や適切な薬剤の使用方法により、その効果は向上し、安全性や患者さまのQOL(生活の質)の点などからも、化学療法は確実に外来での施行が主流になってきています。外来で化学療法を行うことで、患者さまの経済面の負担を少なくし、ご家族の支えの中、安心して治療を受けることが可能です。

当院でも患者さまの要望に応え、これまで入院して治療しなければならなかった「がん化学療法」の一部が、病院に通いながら外来で受けられるようになりました。

外来化学療法室は完全予約制となっており、利用にあたっては前もって主治医に相談して治療を行います。当日の検査データや体調により化学療法の実施や延期が決定されます。
治療は入院で行っていた治療と変わりはなく、疾患ごとの標準的治療法に従って抗がん剤を投与します。投与後の副作用のチェック等は随時行っており、入院での化学療法を外来で同様に行うことが可能です。
緩和医療
「外来化学療法」「緩和医療」のついては
がん診療支援のページもご覧ください。

外来診察日

外来診察医師担当表をご覧ください。

担当医師(常勤)

  • 清水 義博 主任部長(副院長、救急科部長)
    清水 義博 主任部長(副院長、救急科部長)
    資格など
    • 医学博士
    • 日本救急医学会救急科専門医
    • 特定非営利活動法人日本緩和医療学会暫定指導医
    • 日本がん治療認定医機構暫定教育医
    • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    • 日本外科学会指導医
    • 日本外科学会外科専門医
    • 日本外科学会認定医
    • 日本消化器外科学会指導医
    • 日本消化器外科学会消化器外科専門医
    • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
    • 日本消化器外科学会認定医
    • 検診マンモグラフィ読影認定医師
    • 京都大学医学部臨床教授
    • 京都府立医科大学臨床教授
    • JPTECインストラクター兼近畿支部世話人
    • 日本救急医学会認定ICLSインストラクター、コースディレクター
    • AHA(アメリカ心臓協会)ACLS、BLSインストラクター
    • 京都府医師会救急委員会委員
    • 山城北地域メディカルコントロール協議会委員(医師)
    • 京都府臓器移植コーディネーター
    • 日本DMAT隊員
    • 日本DMAT統括DMAT登録者
    • 日本DMATインストラクター
    • 京都府災害医療コーディネーター
    • 京都府立医科大学卒
  • 内山 清 部長(外来化学療法室室長)
    内山 清 部長(外来化学療法室室長)
    資格など
    • 医学博士
    • 日本消化器外科学会指導医
    • 日本消化器外科学会消化器外科専門医
    • 日本消化器外科学会認定医
    • 日本外科学会指導医
    • 日本外科学会外科専門医
    • 日本外科学会認定医
    • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    • 日本ICD制度協議会認定医
    • 検診マンモグラフィ読影認定医師
    • 熊本大学卒
    研究課題・専門分野
    消化器外科
    医師からひとこと
    消化器がんの治療成績向上のため外科治療のみにとどまらず、集学的治療[化学療法(抗がん剤)、放射線療法など]を他科とも協力して行っています。
    腹膜炎などの緊急手術が必要な症例に対しても24時間可能な体制をとっています。
  • 山本 芳樹 副部長
    山本 芳樹 副部長
    資格など
    • 医学博士
    • 日本外科学会外科専門医
    • 日本外科学会認定医
    • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    • 検診マンモグラフィ読影認定医師
    • 京都府立医科大学卒
    研究課題・専門分野
    一般外科、消化器外科、がん化学療法、緩和医療
  • 武村 学 副部長
    武村 学 副部長
    資格など
    • 医学博士
    • 日本消化器病学会指導医
    • 日本消化器病学会消化器病専門医
    • 日本外科学会外科専門医
    • 兵庫医科大学卒
    研究課題・専門分野
    消化器一般
    医師からひとこと
    腹腔鏡下での手術を可能な限り行いたいと思います。
  • 木村 雄 医長
    木村 雄 医長
    資格など
    • 日本外科学会外科専門医
    • 富山大学卒
    医師からひとこと
    安全な医療を心がけて診療を行います。