診療科・部門

がん診療支援

当院では、地域のみなさまが、高度ながん医療を受けることが出来るよう地域間、病院間の医療格差をなくすと同時に、がん患者さんやご家族のみなさまの悩みや不安、薬による苦痛をできる限り取り除けるよう、医師をはじめ看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、ソーシャルワーカー、臨床心理士などの多職種によるチームが、それぞれの専門的な視点で診療をサポートしています。
また、がん相談支援センターには医療系図書や冊子などの図書コーナーを設置しています。

診療の流れ

診療の流れ診療の流れ

当院では集学的治療(手術、放射線、薬物療法などを組み合わせる治療法)・標準的治療(科学的根拠に基づいた観点で、現在利用できる最良の治療)のほか、緩和ケア(入院および外来)、がん相談支援センター、セカンドオピニオン外来、地域の医療機関との連携などにも力を注ぎ充実させ、がん患者さんの身体の痛み、不安、治療に伴う問題など、どんなささいなつらさにも対応しています。また、各領域の専門的な内科、精神科、リハビリテーション科、皮膚科、救急科などを備えた地域に根ざした総合病院です。患者さんの要求に応え、希望をもっていただき、がん治療中のあらゆる合併症にも対処できる体制を整えています。

キャンサーボード

キャンサーボード

診療科の垣根を越え、医師、看護師だけでなく、患者さんを取り巻く医療スタッフが、一堂に会して患者さんの治療について話し合う場です。がんについての情報共有の場として定期的に開催しています。

PDCAサイクル

当院ではがん診療に関連する各部署で、PDCAサイクルの実践を行い、がん診療の質や安全性の向上に取り組んでいます。

PDCAサイクル

Plan(計画)
  • 1. 年度ごとに病院の運営方針が提示される
  • 2. がん対策推進会議にて年間計画をたてる
  • 3. 各部門のメンバーを決定
  • 4. 各部門で活動計画をたてる
  • 5. 各部門に関する講演会・研修会の年間計画をたてる
  • 6. がん診療連携拠点病院等指定要件に即した計画をたてる
  • 7. がん関連ホームページの見直し
Do(実行)
  • 1. 各部門による計画および活動の展開
    院内がん登録、化学療法、放射線、緩和ケア、地域連携、がん相談支援・情報提供、クリニカルパス
  • 2. 講演会・研究会の実施
  • 3. キャンサーボードの実施
  • 4. 定期カンファレンス・ミーティングの開催
  • 5. がん患者サロンの開催
Check(評価)
  • 1. 各部門における活動内容などの自己評価の実施
  • 2. がん対策推進会議による評価
  • 3. がん登録情報の分析
  • 4. 医療機関からの紹介状況の分析
Act(改善)
  • 1. がん対策の進捗状況の確認、見直し
  • 2. がん診療連携拠点病院等の現況報告書の提出
  • 3. 地域連携の強化
  • 4. 広報活動の充実