病院を知る

ホーム病院を知る > ごあいさつ

ごあいさつ

理事長ごあいさつ

言い訳を言わない医療
理事長 藤井 信吾
理事長 藤井 信吾

 社会医療法人岡本病院(財団)は、1906(明治39)年に診療所が開設され、1954(昭和29)年には医療法人岡本病院(財団)に移行し、法人25周年の1979(昭和54)年には宇治市に第二岡本病院を開設し、2016(平成28)年に久御山町に京都岡本記念病院の名称で新築移転した大変長い歴史を持っています。この岡本病院の長い歴史は、地域の人たちのご支援とそれに応えようとした代々の病院経営者そして病院職員が一体となって努力してきた結果が創り出してきたものであると考えます。久御山の地に新築移転した京都岡本記念病院は、時代の先端的な医療も提供できる病院としての広い建物と医療機器をそろえ、地域の皆さまの医療の安全と安心を届ける構造を作ることができました。さらに医師や看護師、診療技術部門で働く人たちの質と数をそろえて先端医療に対応できるように医療技術の向上に努めることで久御山の地に京都岡本記念病院の名称で地域の人たちのみならず、より広い地域の人たちにも認められる病院に育つべく日々の努力を重ねています。

 日本の医療の根底には、奉仕の精神が流れていて、患者さんに安心と安全を提供することを医療者の使命としています。岡本病院は、慈しみの心で、すべての命に平等に向き合う「慈仁」の精神でこれを実践してきていますが、わたくしは、患者さんにとって満足な医療を行うためには職員が働く際にゆとりのある心をもって患者さんに接することができる環境作りが極めて大切なことではないかと考えています。職員が安心してゆとりある心を持てる環境を作って、患者さんの安心とともに、心から満足のいく最高の医療の提供ができるように日々努力する予定です。そうすれば自然に最高の技量を持った医療者が集いたいと思う病院となり、さらに集まった医療者たちが真の意味で協力し合って理想の医療を提供できる環境になるものと考えています。こうしたことを実践して「久御山の地に京都岡本記念病院あり」と言っていただけるような病院に発展するように努力いたします。

 わたくしは医療者が「言い訳を言わない医療」を実践すれば、患者さんは素晴らしい医療を受けられるようになると考えていますので、今後とも京都岡本記念病院を、よろしくお願い申し上げます。

2018年10月

『「生かされて生く」に生かされて』比叡山時報 第700号(平成25年6月8日)天台宗宗議会議長・金乗院住職 栢木寛照師との対談 

院長ごあいさつ

慈仁の心で医療を実践
院長 髙木敏貴
京都岡本記念病院
院長 髙木 敏貴

 京都岡本記念病院は百余年の歴史を持ち、高度な医療を担うべく2016年に機器、設備を備え久御山町に新築移転して以来、京都府南部、大阪府北部の中核的病院として活動しています。当院は開設以来「地域を支え、地域に支えられる病院」として地域医療に尽力してまいりました。

 京都岡本記念病院は「慈仁(いつくしみの心で、すべての命に平等に向きあう)」を活動の理念としています。当院は安全で質の高い医療を地域の皆さまにお届けすることを使命として、充実した医療スタッフと設備で24時間365日「断らない医療」を実践しています。地域医療連携室を中心に地域の医療・介護関連機関との連携を全職員の最重要事項として地域医療に取り組んでいます。地域医療支援病院、二次救急医療告示病院、京都府災害拠点病院、地域がん診療連携拠点病院などの役割を担い、地域の皆さまのご期待に応えられるよう、職員一同日々努力しています。

 また、当院は基幹型臨床研修病院として若手医師の教育にも力を入れております。若い力のエネルギーは病院の大きな原動力となっており、今後も一層力を入れて取り組みたいと考えています。

 全ての職員が「高い誇りと働きがい」を持てる病院を目指し、日々研鑽(けんさん)してまいります。皆さまよろしくお願い申し上げます。

2020年4月