診療科・部門

治験センター

特徴・概要

治験(ちけん)とは?

治験とは新しいお薬の有効性と安全性を調べるための臨床試験で、患者さまと医療機関、行政、製薬企業等が協力して行います。京都岡本記念病院治験センターは当院における治験を安全、円滑に実施するために発足致しました。

ごあいさつ

当院では、治験施設支援機関 株式会社エシックと協力して治験実施のための体制整備、患者さま支援、病院職員の支援を行っております。

治験は新しいお薬の開発に参加する社会的意義の大きな仕事ですが、報道等でもご存知のとおり現在わが国の治験・臨床試験をめぐる情勢は厳しさを増しています。私達は関連法令を遵守し、治験にご協力いただいた患者さま全員に「岡本病院で治験に参加してよかった」と思っていただけるよう真摯に業務に臨みます。治験は未来へのおくりものです。皆様のご協力をよろしくお願い致します。

治験担当課長 松本 圭司

治験コーディネーターより

治験コーディネーター(CRC)と聞いても、どんな仕事をするのかご存知ない方がほとんどだと思います。簡単にご説明すると、当院で実施している治験を円滑に行えるようにするのが仕事です。具体的には、患者さまに治験のご説明する補助や治験にご参加頂いている患者さまのスケジュール管理、来院時にお願いする検査のご案内、治験のお薬の服薬状況の確認などをしております。その他にも業務内容は幅広くありますが、もし、ご興味がおありでしたら、直接治験コーディネーターにお尋ねください。

皆様の善意によって、治験は成り立っております。皆様の善意を無駄にしないように、日々心がけて業務を行っております。機会がございましたら、治験への参加を検討して頂きますようお願い申し上げます。

スタッフ・設備

  • 薬剤師1名(治験事務局長・薬剤部兼務)
  • 看護師1名(医療行為担当)
  • 事務職1名
  • 治験コーディネーター(治験施設支援機関 株式会社エシックに委託)院内常駐
治験センター専用の別室
治験センター専用の別室 直接閲覧に使用可能です
原資料保管用倉庫
原資料保管用倉庫
治験薬保管庫(薬剤部内)
治験薬保管庫(薬剤部内)

現在実施中の治験

当院では製薬企業が実施する第Ⅱ相、第Ⅲ相の企業治験を実施しております(国際協同治験含む)。2018年9月の時点で以下の企業治験を実施中です。 また、近日中に数件新規治験を開始する予定です。
治験にご興味をお持ちのかたは担当医または治験コーディネーターまでご相談ください。

  • 腎性貧血 内服薬 保存期腎不全患者対象2試験 (腎臓内科)
  • 腎性貧血 内服薬 透析患者対象3試験 (腎臓内科・透析)
  • 癌性疼痛 NSAIDS貼付剤 (消化器外科ほか)
  • 癌性疼痛 麻薬貼付剤  (消化器外科ほか)
  • ワクチン 注射薬 (多診療科共同実施)

※医師主導治験は実施しておりません

治験実績(一部抜粋)

当院における治験では各部署の支援のもとで常に高い実施率を維持しつつ、実施計画書からの逸脱がほとんどありません。皆様のご協力により高精度な治験を実施しております。

治験内容 実施率
脳卒中後上肢麻痺(リハビリテーション科) 実施率78%(実施症例数14/契約症例数18(症例追加契約6))
麻薬性鎮痛剤誘発性の便秘症(外科) 実施率100%(実施症例数5/契約症例数5)
がん性疼痛 麻薬外用薬 (外科) 実施率100%(実施症例数7/契約症例数7)
がん性疼痛 麻薬内服薬 (外科) 実施率100%(実施症例数8/契約症例数8(症例追加契約4))
急性虚血性脳卒中又は一過性脳虚血発作 内服薬 (脳神経外科) 実施率65%(実施症例数13/契約症例数20(症例追加契約12))
副鼻腔炎 内服薬 (耳鼻咽喉科) 実施率100%(実施症例数4/契約症例数4)
ジェネリック内服抗がん剤 (外科) 実施率83%(実施症例数5/契約症例数6)
腎性貧血 内服薬①(腎臓内科) 実施率75%(実施症例数3/契約症例数4)
腎性貧血 内服薬②(腎臓内科) 実施率100%(実施症例数1/契約症例数1)
腎性貧血 内服薬③(腎臓内科) 実施率83%(実施症例数5/契約症例数6)
がん性疼痛 非麻薬性外用薬(外科) 実施率100%(実施症例数7/契約症例数7)

治験に係る標準業務手順書・製造販売後調査依頼の手順書・製造販売後調査依頼書・治験審査委員会名簿

相談・お問い合わせ

治験に関する
ご相談・お問い合わせ

京都岡本記念病院 治験センター

0774-48-5500(病院代表)

内線1142

月~金曜 9時~17時(祝日を除く)

※治験参加中の患者さまにつきましては治験コーディネーターが夜間休日も24時間体制でサポートいたします。