診療科・部門

ホーム診療科・部門紹介特殊病棟・機能 > 血液浄化センター

血液浄化センター

特徴・概要

当院の血液浄化センター(透析室)は外来と入院が混合した部署です。全ベッドに液晶テレビとサイドテーブルを設置しており、 約4~5時間の透析時間をリラックスして有効利用していただけるように配慮しています。

血液浄化センターには、通常の透析装置29台のほか、新世代の血液浄化療法であるオンラインHDF療法の装置も備えています。透析治療と同時に血液濾過も行うことで、尿毒素を広範囲に除去できるうえ、無菌的に調整された透析液を使用し、効率的な透析が可能です。透析装置の透析液は液中の細菌数、エンドトキシン濃度が最も厳しい基準を満たしたベスト・クリーンなものを使っています。

また、血液中の病因物質を取り除くアフェレシス治療の装置が2台あり、重症の家族性高コレステロール血症の患者さまからLDLを吸着除去、潰瘍性大腸炎や関節リウマチなどの患者さまから炎症を抑えるため活性化した白血球を取り除くなどしています。また、選択的に病因物質の除去ができる二重膜濾過血漿交換(DFPP)も行っています。

がんなどで腹腔に悪性腹水・胸水が溜まってしまった患者さんには、腹水を取り出して細菌やがん細胞等を除去した後、血管内に戻す腹膜濾過濃縮再静注法を行っています。

近年、当院でも糖尿病が悪化して透析療法を導入する患者さんが増えています。ハイリスクな患者さんにはフットケアなど、皮膚病変、血流障害など重症化を防ぐための指導をご家族も交えて行っています。また、創傷のある患者さんには院内の専門ケアチームと連携しながら早期治癒を目指しています。

栄養科が中心となり開いている腎臓病教室には、看護師や臨床工学技士も参加して慢性腎臓病(CKD)の方やその家族などの教育にも関わっています。

「誕生日検査システム」と称して患者さんの誕生月に諸々の検査を受けて頂くようにお勧めしています。透析治療だけでなく全身のケアを、各部署と連携をとって進めていきます。

血液浄化センター

治療方法

  • 血液透析
  • 腹膜透析
  • 血漿交換
  • 持続的血液濾過透析(病室)
  • 吸着療法
    1.LDL吸着(閉塞性動脈硬化症、高LDL血症)
    2.各種薬剤吸着
  • 腹水の濃縮再注入

等、幅広い治療を行っています。

委託のお申込み

当院は宇治観光名所「平等院」にも近く、よく他県からも委託のお申し込みを頂いております。ぜひ京都南部・宇治に観光に来られる際は快くお受けさせていただきますのでお問い合わせください。

委託透析を御依頼の場合はあらかじめ2週間前には予約が必要です。個人からでもかかり付けの病院からでも結構ですからまずはご一報ください。尚、必ずかかり付けの病院の医師の紹介状と透析サマリーが必要です。