診療科・部門

ホーム診療科・部門診療科 > 形成外科

形成外科

当科の特色・概要

一人体制ではあるが、関係各科のご協力を仰ぎつつ、手術後・治癒後の外観の完成度を高めたいと考えています。
ケガ・やけどの跡、あざ、皮膚腫瘍や先天異常、また主に加齢による眼瞼下垂、色素沈着などの外見変化、顔面神経麻痺による顔面非対称の治療も行っております。

対象となるおもな疾患

外傷・熱傷
  • 顔面外傷
  • 顔面骨骨折
  • 手指外傷
  • 手指切断
  • 四肢外傷後軟部組織欠損
難治性皮膚潰瘍
  • 褥瘡
  • 糖尿病性足潰瘍
腫瘍
  • 皮膚・皮下組織腫瘍
  • 頭頚部癌切除後組織欠損
  • 乳癌切除後組織欠損
  • 四肢軟部組織腫瘍
皮膚色素異常
  • 母斑
  • 血管腫
  • 外傷性色素沈着
  • 老人性色素斑
先天異常
  • 口唇口蓋裂
  • 耳介先天異常(小耳症、埋没耳、袋耳、折れ耳、スタール耳)
  • 四肢先天異常(合指症、多指症)
  • 臍形成異常(臍突出症、臍ヘルニア)
診療科間の境界領域疾患
  • 眼瞼下垂症
  • 腋臭症
  • 多汗症
  • 陥入爪

治療

乳房再建術
当院は、乳がんの手術で乳房を切除した後に、組織拡張器(乳房再建用エキスパンダー・インプラント)を用いた人工乳房による再建(二次再建)を、保険診療で行える施設として日本乳房オンコプラスティックサージャーリー学会から認定されています。
乳房再建術は、手術を行うタイミングや再建方法によって以下のように分けられます。
再建術を行うタイミングによって
一次再建 乳がん手術と同時に行う
二次再建 乳がん手術後に一定期間おいて行う
再建方法によって
人工乳房による再建 ティシュー・エキスパンダー(皮膚拡張器)とブレスト・インプラント(シリコン製人工乳房)を使う方法
自家組織による再建 ティシュー・エキスパンダー(皮膚拡張器)とブレスト・インプラント(シリコン製人工乳房)を使う方法

外来診察日

外来診察医師担当表をご覧ください

担当医師(常勤)

  • 藤村 大樹 部長
    資格など
    • 医学博士
    • 日本形成外科学会認定専門医
    • 日本形成外科学会認定小児形成外科分野指導医
    • 日本創傷外科学会認定専門医
    • 日本熱傷学会認定熱傷専門医
    • 京都府立医科大学卒
    研究課題・専門分野
    難治性皮膚潰瘍、熱傷後瘢痕拘縮
    培養表皮
    医師からひとこと
    体表にあらわれる異常に関しては、かなり多くが形成外科の診療対象となります。まずはご相談ください。