診療科・部門

ホーム診療科・部門診療科 > 皮膚科

皮膚科

当科の特色・概要

当科は日曜・祝日などの休診日を除き二診体制で診察を行っています(水曜は一診体制)。各種皮膚疾患の病態の把握と原因の追究につとめ、それぞれの疾患や状態に応じた治療を提供することを心がけています。
湿疹や水虫、アトピー性皮膚炎やいぼといった日常的な皮膚疾患をはじめ、急性期病院の皮膚科として全身性疾患に伴う皮膚の随伴症状についても連携して治療にあたっています。

対象となるおもな疾患

湿疹(アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎など)
原因や増悪因子の検索から、症状に応じた外用や内服療法、スキンケア、生活指導を行い病態に応じた適切な治療をめざします。
アレルギー疾患(じんましん、金属アレルギー、薬疹など)
特異的アレルギー検査、パッチテストなど必要に応じて原因検索を行い、外用・内服療法を行います。薬剤が原因として疑われる場合には他科とも連携して被疑薬剤の変更などを指導します。
皮膚科慢性疾患(水疱症、乾癬、膿疱症など)
皮膚生検や血中自己抗体定量など精査を行います。重症例ではステロイド剤、免疫抑制剤などの投与が必要な場合もあります。入院でのステロイド全身投与や血漿交換などの治療が必要な際には、皮膚科入院加療が可能な施設をご紹介いたします。
感染症(真菌感染症、蜂窩織炎、丹毒、帯状疱疹など)
各種真菌検査などを行い、外用・内服療法、凍結療法(ウイルス性疣贅など)などを行います。
皮膚良性腫瘍(ほくろ、アテロームなど)
小さなほくろやアテロームなどの皮膚腫瘍は外来で切除術を行っています。大きなものや顔面の腫瘍、皮下腫瘍などは必要に応じて形成外科を受診していただくことがあります。
悪性腫瘍(日光角化症、基底細胞がんなど)
原則として、外科的に根治可能な上皮内癌や早期がんを中心に治療を行っています。拡大切除や化学療法が必要な皮膚悪性腫瘍は京都府立医大と連携を行っております。
毛髪疾患(円形脱毛症など)
必要に応じて血液検査や生検など精査を行います。外用、内服療法、凍結療法などを行います。

外来診察日

外来診察医師担当表をご覧ください

担当医師(常勤)

  • 羽倉 麻美 医長
    資格など
    • 医学博士
    • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
    • 滋賀医科大学卒
    研究課題・専門分野
    皮膚科一般
    医師からひとこと
    地域の皆様に少しでも貢献できるよう頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。