診療科・部門

眼科

当科の特色・概要

眼科は疾患を直接眼で見える科で、検査もデジタル化が進んでいます。必要に応じた検査を行い、診断に役立てるとともに 、その結果をご本人・ご家族さまにご覧いただき、現在の状態をイメージしていただくことで、少しでもわかりやすい説明を、と心がけています。

科としては手術治療に重きをおいており、最新の手術機器を備え、眼瞼疾患、白内障、緑内障、網膜硝子体手術を施行しております。このため、外来での保存的治療から手術治療への切り替え時期の判断が手術担当医の目線から行え、適切に対応できます。また、術後の状態も深く理解でき、診療に生かせると考えています。

対象となるおもな疾患

眼瞼、角膜・結膜、白内障、緑内障、網膜、硝子体など眼科全般の疾患を扱います。特に緑内障は外来、手術とも経験豊富です。
また、専門的な検査、診療が必要な疾患の方は京大病院など専門機関にご紹介し、連携して治療にあたります。

検査

レーザー光凝固、YAGレーザー、蛍光眼底造影 などの施行依頼も可能です。

手術

白内障手術
2泊3日の入院で行っています。眼内レンズは、多焦点眼内レンズおよび多焦点トーリック乱視矯正眼内レンズも取り扱っています。
緑内障手術
患者さまの個々の病状、その方の背景に合わせ、術式を決定します。
硝子体手術
硝子体出血、黄斑上膜、黄斑円孔、糖尿病網膜症などに対応します。

先進医療

白内障に対する多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(先進医療)
水晶体の代わりとなる人工水晶体(眼内レンズ)には、ピントがひとつの単焦点と複数ある多焦点の2種類があります。単焦点眼内レンズの場合、ピントが合わない距離は眼鏡が必要なのに対し、多焦点眼内レンズは遠くから比較的近くまで眼鏡なしで見ることができます。
当院では自由診療となりますが、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を「日帰り手術」で行っています。
料金について
手術費用 1 眼 400,000円(非課税)

当院は2018年6月、厚生労働省より「先進医療」として白内障に対する多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術を実施できる施設に認定されました。これにより先進医療にかかる費用(手術費用)は全額自己負担となるものの、術前術後の診察代や薬代などに公的医療保険が適用されます。
民間の医療保険における先進医療特約やプランに加入していれば、上記の手術費用は保険会社から給付を受けることができます。詳しくはご加入の保険会社にお問い合わせください。
手術についての注意点
多焦点眼内レンズは、強い光を見た場合に眩しく感じる事(グレア)や、光の周辺に輪がかかって見える事(ハロー)が起きやすくなります。また、黒い文字が少し薄く見えたり、膜がかかったように見えることがあります。
これらは、個人差はありますが手術後の時間経過とともに症状が軽くなるといわれていますが、手術後しばらくは夜間の車の運転などには注意が必要です。
眼の状態によっては、多焦点眼内レンズの適応が難しい場合もあります。詳しくは医師の診察を受け、相談してください。

外来診察日

外来診察医師担当表をご覧ください

担当医師(常勤)

  • 松本 美保 部長
    松本 美保 部長
    資格など
    • 医学博士
    • 日本眼科学会専門医
    • 眼科PDT認定医
    • 徳島大学卒
    研究課題・専門分野
    眼科一般、緑内障
    医師からひとこと
    わかりやすい説明と、受診してよかったと納得いただける診療を心がけています。
  • 大石 真秀 医長
    大石 真秀 医長
    資格など
    • 医学博士
    • 日本眼科学会専門医
    • 名古屋大学卒
    研究課題・専門分野
    眼科一般、白内障、網膜
    医師からひとこと
    患者さまの症状にあわせて丁寧に診察し、分かり易く説明できるように心掛けています。

診療実績

  2016年度 2017年度
白内障手術 286件 661件
緑内障手術 11件 25件
硝子体手術 26件 53件
その他(前眼部、外眼部など) 17件 62件
合計 340件 801件