診療科・部門

ホーム診療科・部門診療科 > 整形外科

整形外科

当科の特色・概要

整形外科について
当科は人工関節置換術などに対する更生医療給付の指定医療機関です。
患者さまに対する十分な診察と説明により、インフォームド・コンセントに基づく治療法の選択を行っています。手術治療の際には、可能な限り低侵襲術式を採用し、早期よりリハビリテーション科と連携して、より良い機能回復を目指しています。

社会の高齢化で増加している骨粗鬆症に伴う骨折、変形性関節症では、できるだけ早期の離床を図るために治療法を工夫しています。
また関節リウマチの臨床にも重点を置いており、平成19年からは生物学的製剤を用いた治療も行っています。

対象となるおもな疾患

外傷
骨折・脱臼、腱・靭帯損傷、急性腰痛症など
変性疾患
骨粗しょう症、変形性関節症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、肩関節周囲炎など
炎症性疾患
関節リウマチ、痛風、化膿性関節炎、化膿性脊椎・椎間板炎など
腫瘍
骨軟部良性腫瘍など

おもな病気の診療指針

外傷
「骨折・脱臼」「腱・靭帯損傷」に対して、保存的療法と手術療法のそれぞれの利点を生かして治療しています。特に高齢者の大腿骨頚部骨折にはできるだけ早期に手術することで、歩行能力の低下と合併症を防いでいます。
関節外科
「変形性股・膝関節症」「関節リウマチ」「特発性骨壊死症」のうち、進行例には人工関節置換術を、比較的若年者には骨切り術や骨軟骨移植術を選択しています。
「膝半月板損傷」「膝前・後十字靭帯損傷」では膝関節鏡下手術を行なっています。
リウマチ性疾患
「早期の関節リウマチ」に対しては正しく診断したのち、積極的に抗リウマチ薬、生物学的製剤を用いた薬物療法を行なって、寛解を目指しています。進行例や高齢者では手術療法や短期入院によるリハビリ療法を選択することもあります。

外来診察日

外来診察医師担当表をご覧ください

担当医師(常勤)

  • 堀 克弘 部長
    資格など
    • 日本整形外科学会整形外科専門医
    • 滋賀医科大学卒
    研究課題・専門分野
    肩関節疾患について
  • 森 基 医長
    資格など
    • 日本整形外科学会整形外科専門医
    • 日本整形外科学会認定スポーツ医
    • 日本体育協会公認スポーツドクター
    • 日本DMAT隊員
    • 大阪市立大学卒
    研究課題・専門分野
    スポーツ整形外科、関節鏡手術、スポーツ医学
    医師からひとこと
    関節鏡を使った手術、スポーツ障害、スポーツ外傷などを専門に地域の皆様に貢献したいと考えていますので、よろしくお願いします。
  • 村上 啓司 医長
    資格など
    • 日本整形外科学会所属
    • 日本骨折治療学会所属
    • 日本創外固定・骨延長学会所属
    • 日本形成外科学会所属
    • 日本創傷外科学会所属
    • AO Trauma Course - Basic Principles , Advanced Principles 終了
    • 滋賀医科大学卒
    研究課題・専門分野
    骨折、外傷
  • 梅田 康平 医員
    資格など
    • 日本医師会認定健康スポーツ医
    • 滋賀医科大学卒
    研究課題・専門分野
    整形一般
    医師からひとこと
    日々研鑽を積み、地域の皆様方により良い医療を提供できるよう頑張ります。
  • 長谷川 高秀 レジデント
    資格など
    • 滋賀医科大学卒
    研究課題・専門分野
    外傷、整形一般
    医師からひとこと
    精一杯頑張ります。よろしくお願いします。

診療実績

  2017年
総手術件数 515件
人工関節置換術 16件
人工骨頭置換術 27件
関節鏡視下手術 8件
手・足・末梢神経の手術 12件
骨折手術 310件
その他外傷手術 24件
抜釘 86件
腫瘍 4件
その他 28件