診療科・部門

ホーム診療科・部門紹介特殊病棟・機能 > 脳卒中センター・SCU

脳卒中センター・SCU

特徴・概要

脳卒中センター・SCUについて

緊急治療を必要とする脳卒中に24時間365日、迅速な対応と集約的治療を行っています。

脳卒中センターの特徴
  • 「脳卒中ホットライン」による、救急隊、他の医療機関との迅速な連携連絡体制
  • 「脳卒中担当当直医」による緊急処置、手術体制
  • 「脳卒中ケアユニット(SCU)」による集約的な治療体制
  • 医師、看護師、薬剤師、リハビリスタッフやその他のコメディカルスタッフを加えたチームによる診療体制
  • 急性期から可能なリハビリテーション体制
  • 院内にある回復期リハビリ病棟への途切れのないリハビリの継続
  • 「地域連携パス」による地域の医療機関との連携体制
より迅速な対応をめざして

発症後4.5時間以内のt-PA投与および適応のある症例に対する脳血管内治療などの緊急治療への対応のために、脳卒中担当医(脳神経外科医か脳神経内科医)が常時携帯電話を携行し、救急隊、他の病院機関からの連絡に直接対応しています。

また、365日脳神経外科医か脳神経内科医が当直し、緊急治療、手術に対応しています。

より集約的な治療のために

脳神経外科・脳神経内科の専門病棟である4階西病棟に「脳卒中センター」を設置しています。救急等で急性期脳卒中患者さまの入院が決まった時や、重症で厳重な呼吸循環管理が必要な場合はハイケアユニット(HCU・12床)あるいは集中治療室(ICU・8床)へ、それ以外の場合は4階西病棟脳卒中ケアユニット(SCU・6床)への入院となります。

医師、看護師に薬剤師やリハビリテーションスタッフ、ソーシャルワーカーを加えたチームによる脳卒中カンファレンスを定期的に開催し、診療内容の充実に努めています。

より集約的な治療のために

急性期からのリハビリテーション

脳卒中の場合、早いときは入院当日からリハビリを開始しています。急性期のリハビリは療法士が行なう関節可動域運動や神経筋再教育などベッド上で寝たまま行なえるものです。その後、徐々にADLを拡大します。また言語聴覚士による嚥下機能評価を行い、経口摂取訓練も速やかに開始します。

地域の医療機関との連携

自宅復帰された患者さまは、地域のかかりつけ医に日常管理をお願いすることになります。したがって、病診連携も重要となってきます。現在、軽症から重症までそれぞれの脳梗塞の院内パスを作成し、運用しています。連携パスの運用もはじめました。

「脳卒中を担う医療機関」として京都府保健医療計画に明記

2007年の7月に国の重点事業の一つとして、病院内に脳卒中専用の病室(SCU)を持ち、特に脳梗塞に陥った患者さまへの3時間以内(現在は4.5時間に延長)の治療薬(t-PA)投与ができる施設名があげられました。

京都府では2008年11月に公表され、当院は「急性期」「回復期」「維持期」を担う医療機関として、基準を満たすとして明記されています、くわしくは、京都府のホームページで公表されています。

「脳卒中」の急性期、回復期、維持期医療を担う医療機関一覧(PDFファイル)