受診する

ホーム受診する専門外来 > 腫瘍・化学療法外来

腫瘍・化学療法外来

当外来の特色・概要

腫瘍・化学療法外来について
がん化学療法とは、抗がん剤を使用した治療のことを指しますが、「抗がん剤=副作用」というイメージが強く、はじめて治療を行われる場合は不安に感じられると思います。
当院のがん化学療法は、医師をはじめ看護師、薬剤師、医療事務など多職種からなる「がん化学療法チーム」が、それぞれの専門的な視点から患者さまやご家族の悩みや不安、薬による苦痛をできる限り取り除けるよう治療をサポートしています。どうぞお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
外来化学療法、入院化学療法ともに行っており、医師は毎日、当番制で担当しています。外来の治療室では、看護師と薬剤師が対応します。
体制

がん薬物療法認定薬剤師野口薬剤師
がん薬物療法認定薬剤師
野口薬剤師

当院の特徴として、外来化学療法の実施には看護師と薬剤師が常駐し「がん薬物療法認定薬剤師」が、患者さまの安全管理に努めています。医師は当番制で対応を行っており、主治医を中心に連携をとっています。
方針
副作用についても患者さまの来院ごとにお話を伺い、対処をしています。外来での患者さまやそのご家族の方々には、日常生活での注意点や副作用が出たときの対処方法についても説明を行っています。
さらに、大学病院や近隣の病院、診療所とも連携をとり、患者さま個々に合った適切な治療を、より安全性を高めて行っています。

外来診察日

外来診察医師担当表をご覧ください
ご予約・お問い合わせ
受診は完全予約制です。ご予約・お問い合わせは「病院受付窓口」または「お電話」でどうぞ。
※ご家族がご相談される場合は、京都岡本記念病院の「がん相談支援センター」でお受けします。
相談・お問い合わせ

京都岡本記念病院 がん相談支援センター(地域医療連携室内)

tel 0774-46-5981
月~金曜 9時~17時(祝日を除く)
Email:ganrenkei-2@okamoto-hp.or.jp