診療科・部門

臨床工学科

当科の特色・概要

臨床工学科について
臨床工学科

 臨床工学技士という職業を皆さんご存じでしょうか?
 現在の医療は、高度化と専門化しており生命維持装置を含む医療機器は複雑化しております。それらを操作する上で高度で専門的な知識と技術が必要となります。この医療機器を医師の指示のもと、操作・管理・保守を行う職種が、医療機器のスペシャリストである、われわれ臨床工学技士です。

 京都岡本記念病院 臨床工学科は技士長1名、副技士長1名、主任7名、臨床工学技士29名の総勢38名で構成されています。
 主な業務は、心臓血管外科支援業務( 人工心肺操作、ステントグラフト内挿術サポートなど)・手術室関連業務(術中ナビゲーションシステム操作、眼科業務など)・集中治療業務(ECMO、CRRT、IMPELLA操 作・管理など)・デバイス業務(CIEDs植込み術サポート、ペースメーカー外来支援など)・アブレーション業務(3Dマッピング操作、Labo操作など)・血液浄化業務( 血液浄化センター業務、おかもとクリニックでの業務など)・カテーテル業務(CAG、PCI、EVT、脳カテなど)・呼吸療法業務(RST、人工呼吸器導入、SAS外来など)・内視鏡 業務(術者介助業務、スコープ洗浄、管理など)・高気圧酸素療法業務・医療機器管理業務などと多岐に渡ります。それぞれに専門的知識をもつ臨床工学技士を配置し、 安全な医療を提供することを最優先に業務を遂行しています。
 教育方針としては、「複数の専門性の獲得とアカデミックな人材育成」です。各部門に部門役職者を配置しており、部門役職者が中心となりスタッフ教育・指導を実施し ています。そして、スタッフ一人一人ができるだけ多くの業務機会を獲得できるように努めています。また学術活動も積極的に行っております。

スタッフ・体制

スタッフ
2021年7月現在
 技士長 1名、副技士長 1名
 主任 7名、臨床工学技士 29名   計38名
所属学会
  • 日本臨床工学技士会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本体外循環技術医学会
  • 日本人工臓器学会
  • 日本透析医学会(施設会員)
  • 日本呼吸療法医学会
  • 日本医工学治療学会
  • 日本不整脈学会
  • 日本アフェレーシス学会
  • 日本災害医学会
  • 医療の質・安全学会
取得資格・認定
  • 臨床検査技師
  • 内視鏡関連専門臨床工学技士
  • 3学会合同呼吸療法認定士
  • 体外循環技術認定士
  • 透析技術認定士
  • 医療情報技師
  • 臨床ME専門認定士
  • 植込み型心臓デバイス認定士
  • 医療機器情報コミュニケータ
  • 心血管インターベンション技師
  • 第2種滅菌技士
  • 認定ホスピタルエンジニア
  • 透析技能検定2級
  • 医療安全管理者研修修了
  • ICS (Infection Control Staff )
  • 日本DMAT隊員

業務・活動

心臓血管外科関連業務
 当院では、人工心肺業務には臨床工学技士免許と体外循環技術認定士の資格を有するスタッフを含んだ2名以上で人工心肺操作の他、心筋保護液供給装置や自己血回収装置、人工心肺記録、その他周辺装置の操作をしています。またハイブリッド手術室でのステントグラフト術において清潔デバイス介助も行っています。
 毎週、心臓血管外科・麻酔科・手術室看護師、理学療法士との合同で術前カンファレンスを行い、疾患および術式、注意点、手術進行の流れ、必要物品の確認等をスタッフ間で共有し、当日に臨みます。手術後はデブリーフィングを行い当日の症例を振り返ります。
 また人工心肺業務従事者は3年間でのラダー教育を経て体外循環技術認定士取得を目指しており、学会参加や院外発表にも力を入れています。
ステントグラフト内挿術清潔介助人工心肺操作
手術室関連業務
 当院の臨床工学科の手術室関連業務では、ナビゲーション業務、眼科業務をメインとして行っています。またその他に下肢静脈瘤に対するラジオ波焼灼術(RFA)や整形外科での自己血回収装置の操作・管理も行っています。
ナビゲーション
耳鼻科、脳神経外科でのナビゲーションシステムでは、術前CTやOアームを用いた術中のCTの画像に基づきリアルタイムで情報を術者に提供することで、より安全に手術を進めることができます。臨床工学技士はナビゲーション装置への画像の取り込み、3D画像の構築、術中のナビゲーション装置の操作等を行っています。
眼科
白内障、硝子体手術では水晶体や硝子体を切除する専用装置が使用されます。当院では装置のセッティングや術中操作を臨床工学技士が行っています。
ナビゲーションシステム脳外科ナビゲーション、眼科業務
脊椎術中ナビゲーション
カテーテル関連業務
カテーテル業務
 当院のカテーテル室は3室あり、2室はバイプレーンの放射線装置を備えています。業務としては心臓・下肢虚血、脳・腹部カテーテル、シャントPTA等行っており、臨床工学技士は医師の指示のもとにイメージング(IVUS,OFDI,OCT)の操作や物品出し、ポリグラフの操作等を行っています。またローターブレーターやダイヤモンドバック、レーザーアブレーション(ELCA)などの特殊機器の操作も行っています。また重篤な症例ではECMOやIABPやImpellaといった補助循環装置の操作も行っています。
心臓カテーテル業務Impellaエキシマレーザー
アブレーション業務
 カテーテルアブレーション治療では、心内電位記録装置や3Dマッピングシステム、心臓電気刺激装置、高周波通電装置など多くの装置を必要となり、これらの操作および管理を臨床工学技士が行っています。不整脈の解析や安全な治療のため、医師と連携し業務を行っています。
アブレーション業務アブレーション業務
内視鏡業務
 当院の内視鏡センターでは、検査・処置室が3部屋と透視検査室が1部屋、合計4部屋で稼働しています。内視鏡センターでの臨床工学技士の活躍は多岐にわたり、治療の介助~機器管理まで行っています。日々の検査から治療まで医師・看護師と共に安全な検査治療を目指しています。
上部・下部消化管内視鏡
上部消化管内視鏡検査及び、健康診断の受診者の検査を行っています。使用前点検および、検査介助、洗浄を行っています。
内視鏡検査
治療分野
午後帯から、治療分野の内視鏡を施行しています。医師の指示の元で治療の介助を行っています。
主に…EIS・EVL・マグネット吻合術・内視鏡的壊死組織除去術・ERCP・EMR等救急指定医療機関であるため、緊急症例にも対応しています。
主に…上下部消化管出血・異物除去・イレウス管挿入・捻転等
内視鏡治療介助業務
気管支内視鏡
透視室では、感染症検査などを行っています。また、出張内視鏡で各病棟に出向き、貯留分泌物の回収や気道熱傷などの救急分野にも参加しています。
主に…ブラシ擦過 キュレット擦過 TBB BAL EWS
デバイス業務
 デバイス業務では、心臓植込みデバイスの植込み術・交換術の立会いやペースメーカ外来でのチェック、MRI撮影時や電気メス等を使用する手術での立会い、一時的体外式ペーシング装置を使用した入院患者に対してのラウンドなどを実施しています。当院ではペースメーカに加えてICD、CRT、S-ICD、リードレスペースメーカなど、さまざまな種類の植込みデバイスを扱っています。
 また遠隔モニタリングの導入も積極的に行い、デバイスのトラブルを早期発見できるよう管理を行っています。医師と連携して心臓植込みデバイス患者さんへ最適な医療を施せるよう努めています。
ペースメーカ外来ペースメーカ植込み術中
血液浄化業務
 血液浄化センターにおいて、透析機材の準備、プライミング、透析液の検査、シャント穿刺、透析中のバイタルと点検、返血操作などを行っています。また、検査データに基づいたダイアライザーや抗凝固剤の提案、穿刺困難な患者さんにはエコー下での穿刺、透析装置に関する保守点検、透析液・透析用水の水質管理などを定期的に実施し、他職種と共同で安定でより質の高い透析治療を提供できるように業務を行っています。ベッド数30床を朝・午後・夕と区分しながら外来と入院の患者を治療しています。当院は災害拠点病院でもあり、専用倉庫には3日分120人分の緊急透析医材を管理し穿刺針は全てセーフティー針で感染対策を講じています。血液浄化センターでは主な業務は透析ですが、血漿交換療法(PE)、二重膜ろ過血漿交換療法(DFPP)、顆粒球吸着除去療法(G-CAP)、胸水・腹水ろ過濃縮再静注法(CART)等にも対応しています。急速に腎臓の機能が低下した急性腎不全等の重症患者に対してはICU・HCUなどで集中治療部門と共同で、持続腎代替療法(CRRT)を行っています。
血液浄化センター血液浄化装置
呼吸療法業務
呼吸療法業務
 人工呼吸器とは、呼吸を人工的に管理するための医療機器で呼吸不全の患者に使用します。
当院では臨床工学技士が、人工呼吸器の急性期から慢性期に渡る臨床支援業務に加えて毎日病棟 を巡回し動作点検を行っています。この巡回は事故防止の観点からも重要な業務となっています。
 またRST(Resperatory Support Team:呼吸サポートチーム)に参加し医師、看護師だけでなく多職種と 意見交換 を行い最適な呼吸管理を患者さんに提供できるように努めています。人工呼吸器の安全な管理には、多職種との連携が必要不可欠であり、多職種に向けての勉強会にも力を入れています。

呼吸器ラウンドRSTラウンド
SAS業務
 睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に呼吸が止まる事で無呼吸を起こす病態です。 SASの治療として持続式陽圧呼吸療法(CPAP)が挙げられます。気道の閉塞でSASになっている場合には、CPAPでの改善が見られます。CPAPを使用すると、その風圧により気道の中にスペースが確保され、やわらかい組織を強制的に押し開きます。すると、鼻でスムースに呼吸をすることが出来るようになります。当院のSAS業務では、検査結果から睡眠時無呼吸症候群の治療としてCAPAの導入、解析を行っています。また、治療方針の提案をする事で、患者様が快適に継続して治療を行えるよう努めています。
SAS外来
集中治療業務
 ICU、HCUには生命維持に欠かせない機器が数多く存在しています。臨床工学技士は、呼吸不全に対する人工呼吸器やV-V ECMO(静脈-静脈体外式膜型人工肺)、心不全に対するV-A ECMO(静脈-動脈体外式膜型人工肺)やIABP(大動脈内バルーンパンピング)、IMPELLA(経皮的補助循環カテーテル)、腎不全などの代謝不全に対するCRRT(持続腎代替療法)PE(血漿交換)、など、生命を維持するために欠かせない機器の操作・管理を行っています。
 生命維持管理装置だけでなく、生体情報モニタ、心拍出量計やNO吸入療法装置、これらの機器の準備や点検、使用に関するアドバイス を行うことも業務の一つです。
ECMO + IABPCRRT
おかもとクリニックでの業務
 「おかもとクリニック」は、京都岡本記念病院の関連施設として人工透析を行っているクリニックです。おかもとクリニックでは臨床工学技士の業務として日々の機械操作の他に、業務ごとにチームを分けて専門性の高い管理を行っています。シャント管理チームではシャントエコーを積極的に行っています。年間約150件のシャントエコーを行っており、作成したシャントマップをベッドサイドに配置しておくことで、穿刺時に詳細な情報を把握できる環境を整えています。また、シャントトラブルの早期発見にも役立てています。
 透析効率チームでは、毎月の透析前後の採血データによる透析効率を評価しています。膜面積や血流、透析時間を調整しつつ、全患者103名の平均Kt/V1.5を達成しています。また、クリアランスギャップをもとにシャントの状態も同時に評価しています。末梢動脈疾患のスクリーニングとしてSPP検査は年間140件行っております。他にも知識の共有を目的として年間20回程スタッフ勉強会を実施しております。また、スタッフ教育にも力を入れており、慢性透析についての知識や技術の向上に努めています。
シャントエコーシャント穿刺
ME機器管理業務
 機器管理業務では臨床工学科全スタッフが、院内にある約2000台の医療機器の点検・管理を行っています。専用の管理システム(Me-Tomass)を使用しており、RFIDタグとバーコードで医療機器の配置場所や点検内容などを一括管理しています。また、院内やドクターカーで使用されているさまざまな医療機器を、安全に使用できるように日常点検・定期点検を行っています。点検器材も各医療機器に最適な点検を行うため充実しています。
 新規医療機器導入時には、適切な使用をしていただくために、勉強会・説明会を臨床工学技士が行っています。勿論院内で起こるさまざまな医療機器のトラブルには、現場で迅速な対応を行っています。
ME機器中央管理院内勉強会
新規導入機器勉強会ME機器点検
高気圧酸素療法業務
 当院では、2021年度から高気圧酸素療法を導入しており、治療装置である第1種治療装置(1機)を配置しています。高気圧酸素療法とは、大気圧よりも高い気圧下状態にし、通常よりもより高濃度の酸素を供給することで全身の酸素化不足や治癒の促進を図る治療法です。
 臨床工学科ではこれらの治療実施及び安全管理を日々行い、患者さんへのより安全な治療を実施できるよう日々取り組んでいます。治療中はTVや音楽を利用し、少しでもストレスなく治療ができるよう心掛けています。
HBO図解