診療科・部門

ホーム診療科・部門 > 地域がん診療病院

地域がん診療病院

当院は「地域がん診療病院です。」

地域がん診療病院とは、決められた要件を満たし、都道府県の推薦を基に厚生労働大臣が指定した病院です。平成27年4月に都道府県がん診療連携拠点病院である京都府立医科大学附属病院のグループとして指定されました。拠点病院と連携しながら専門的ながん医療の提供、相談支援情報提供などの役割を担っています。また地域や他機関との相互の連携と支援によって、地域全体のがん診療の水準を高めていきます。

地域がん診療病院の連携イメージ

地域がん診療病院の連携イメージ

さらに高度に、さらに寄り添う、がん診療へ。

地域がん診療病院の役割

グループ指定病院である京都府立医科大学附属病院や、地域の医療、介護機関との連携により、標準的ながん診療を提供いたします。連携機関と多職種カンファレンスや研修会を行い、がん診療レベルの向上と連携体制の充実のために常に努めています。

1. 診療体制
  • 1. 5大がんをはじめとするがんの集学的治療
  • 2. 緩和ケアの提供
  • 3. 病病連携・病診連携
  • 4. セカンドオピニオン
  • 5. キャンサーボード
2. 研修体制
  • 1. 厚生労働省のプログラムに準拠した、緩和ケアに関する研修会の実施
  • 2. 地域の医療従事者を対象とした、がんの専門知識、技術の習得のための研修
3. 相談支援/情報の提供・収集
  • 1. がん相談支援センター
  • 2. がん登録