病院を知る

ホーム病院を知る > 次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

「病院は職員の待遇と福祉向上に努めなければならない」という岡本病院憲章からも、働きやすい職場環境はもとより仕事と家庭の両立支援のために取り組まなければならない。(全職員共通)

1.計画期間

2020年4月1日から2025年3月31日までの5年間

2.内容

目標
1
精神面でのサポートを行う
対策

主に職員の精神面でのサポートを行なう公認心理師を配置し カウンセリング等サポート体制の充実を図る。

目標
2
積極的に制度が活用できるようサポートする
  • 育児休業の取得向上(女性100%)
  • 育児休業の男性取得促進
  • 育児、介護休業制度の周知
対策
  • 育児、介護休業制度については院内電子メール、掲示板、発行済の事務手続きの手引き等を活用し、周知徹底を継続的に行う。
  • スムーズに職場復帰ができるよう休業者に支援を行う(職場復帰に向けての相談体制の充実、病院情報誌の送付、病院行事への参加)
目標
3
仕事と育児が両立できるようにサポートする
対策
  • 所定外労働を削減できるよう業務改善を行なう
  • 年次有給休暇の時間単位取得を実施し、取得しやすい環境づくりを行なう。

2005年4月1日策定
2010年4月1日更新
2015年4月1日更新
2020年4月1日更新