病院を知る

ホーム病院を知る > 次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

「病院は職員の待遇と福祉向上に努めなければならない」という岡本病院憲章からも、働きやすい職場環境はもとより仕事と家庭の両立支援のために取り組まなければならない。(全職員共通)

1.計画期間

2015年4月1日から2020年3月31日までの5年間

2.内容

目標
1
精神面でのサポートを行う
対策

既に雇用している臨床心理士によるカウンセリングの充実、及び職員への利用可能の周知(院内報、電子掲示板活用)→2015年10月より実施予定

目標
2
積極的に制度が活用できるようサポートする
  • 育児休業の取得向上(女性100%)
  • 育児短時間勤務制度の周知
  • 子の看護休暇の周知
対策
  • 管理職研修で制度の周知、理解を図る→2015年10月より実施予定
  • スムーズに職場復帰ができるよう休業者に支援を行う
    (病院情報紙の送付、病院行事への参加)→2015年4月より実施
目標
3
仕事と育児が両立できるようにサポートする
対策
  • 所定外労働を削減できるよう業務改善を行う→2016年4月より実施予定
  • 年次有給休暇が取得できやすい環境づくりを行う→2016年4月より実施予定

2005年4月1日策定
2010年4月1日更新
2015年4月1日更新