病院を知る

ホーム病院を知る > 新型コロナウイルス感染拡大防止対策

新型コロナウイルス感染拡大防止対策

京都岡本記念病院では、患者さん・来院者、職員の安全と安心の確保、感染リスク低減・拡大防止に努めております。


全職員に定期的なPCR検査を実施中

全職員にPCR
当院では、非正規・派遣なども含め全職員に、定期的にPCR検査を行い、現時点まで全員の陰性を確認しています。全職員の定期的な検査は、社会医療法人 岡本病院(財団)の各病院・クリニック・各介護事業所でも行っております。
陽性が出た場合は、適切な対応をとるとともに、速やかにホームページ等で報告いたします。

入院患者さんにPCR検査

入院前検査
当院では、全入院患者さんは入院の前に、外来透析患者さんには、適宜、PCR検査で陰性を確認してから入院・通院をしていただいております。
(入院前の検査は、感染リスクに配慮し、屋外でドライブスルーで対応もしております)
救急搬入および消化管内視鏡検査前の患者さんにも適宜、抗原検査、PCR検査を実施しています。

院内立ち入りを制限

マスク着用のお願い

<入院患者さんへの面会を制限>
患者さんの安全を第一に考え、面会は原則禁止しております。
洗濯物はスタッフルームで受け渡しいたします。その他ご不明な点は病棟スタッフにおたずねください。

<業者の立ち入りを制限>
取引業者の院内への立ち入りを必要最小限に制限し、検温・マスク着用など感染防止対策をお願いしております。

発熱外来

ドライブスルー
外来受診希望で発熱があり、新型コロナウイルス感染が完全に否定できない方については、通常の診察時間とは異なる時間と場所での診察をお願いすることがございます。(感染リスクに配慮し、屋外でドライブスルーで対応をお願いすることもございます)
発熱のある方は電話でその旨を申し出ていただくか、院内に入る前に玄関でスタッフにお声掛けください。ご理解、ご協力をお願いいたします。

入口にサーモグラフィ設置

サーモグラフィ
入口にサーモグラフィーカメラを設置し、来院者の検温スクリーニングをしております。発熱のある方には、発熱外来の受診をお願いするなどしております。

オゾン発生装置を導入

オゾン発生装置
人体に害のない低濃度のオゾンガスで、新型コロナウイルスの感染力を抑制できることが藤田医科大学の実験で発見されました。感染拡大の抑制・防止のため、院内の各所に低濃度のオゾンガス発生装置を設置しました。

「みんなで安心マーク」を取得

みんなで安心マーク

日本医師会の発行する「みんなで安心マーク」を取得しております。
このマークは、日本医師会が策定する「新型コロナウイルス感染症対策 医療機関向けガイドライン」の「医療機関等における新型コロナウイルス感染症対策チェックリスト」の全ての項目を実践している医療機関に発行されるものです。
弊法人の各介護事業所も、同様の感染防止対策に努めております。