診療科・部門

ホーム診療科・部門診療科 > リウマチ科

リウマチ科

当科の特色・概要

リウマチ科は免疫異常を基礎とする膠原病、自己免疫疾患、リウマチ性疾患と呼ばれる疾患を担当致します。これらの疾患は全身の臓器障害を来す難治性疾患と考えられています。しかしながら、最近の医学の進歩により、多くの膠原病の病態が解明され、有効な治療法が次々と開発されて参りました。関節リウマチや膠原病には生物学的製剤などによる標的治療薬が劇的に奏功します。その結果、治療目標が「寛解(治った状態)」から「治癒」へと変わってきました。すなわち、難病ではなく、普通の日常生活(仕事・家事)ができる疾患になりました。関節リウマチでは従来不可能と考えられていた壊れた骨(びらん)が修復されることもみられます。

当科は、近年の医師の専門領域が臓器別に細分化されていく中で、疾患の起こる臓器にかかわらず疾患の発生機序に自己免疫異常が関与する疾患群を総合的に扱う診療科です。まだ、人数が少ないですが、本院各科の協力のもとに、これまでの臨床経験を生かし次頁の疾患を中心に、直ちに正確な診断を行い、最新の治療法・治療ガイドラインを取り入れ、現在考えられる最高の医療を提供することを目指します。

対象となるおもな疾患

関節リウマチ
自己免疫応答から関節の慢性炎症性病態が複数の関節に生じて、進行性の破壊性関節炎に至る疾患です。
全身性エリテマトーデス
代表的な自己免疫疾患であり、免疫複合体の組織沈着により、補体の活性化が組織を傷害します。腎、中枢神経、造血器、皮膚。粘膜をはじめとする多くの臓器がおかされます。
多発性筋炎・皮膚筋炎
原因不明の炎症性筋疾患で自己抗体が検出される全身性自己免疫疾患です。間質性肺炎などの臓器病変を合併することがあります。
強皮症
皮膚硬化を主症状とする全身性疾患です。線維化病変と血管病変が病態を形成します。食道などの消化管、肺(肺高血圧)、腎、心に内臓病変が見られます。
シェーグレン症候群
ドライマウスやドライアイなどの乾燥症状を主訴とする全身の腺外病変を呈するリウマチ性疾患です。2015年1月から難病指定されました。
混合性結合組織病
全身性エリテマトーデス様、シェーグレン症候群様、多発性筋炎・皮膚筋炎様の症状が混在する疾患です。
血管炎症候群
  • リウマチ性多発筋痛症、RS3PE 症候群、成人発症スチル病など
ベーチェット病
強直性脊椎炎
脊椎関節炎の代表的疾患であり、脊椎や関節の疼痛(腰背部痛、項部痛など)と運動制限、およびその合併症・続発症により、QOL を大きく損なう疾患です。

外来診察日

外来診察医師担当表をご覧ください

担当医師(常勤)

  • 佐野 統 院長
    佐野 統 院長
    資格など
    • 医学博士
    • 日本リウマチ学会(理事、評議員、専門医、指導医、財務委員会委員長)
    • 日本リウマチ学会近畿支部(支部代表理事、2013年9月 第23回学術集会会長)
    • 日本シェーグレン症候群学会(理事、2013年9月 第22回学術集会会長)
    • 日本炎症・再生医学会(理事、評議員)
    • 日本臨床免疫学会(評議員、名誉会員)
    • 日本内科学会(評議員、認定医、指導医)
    • 日本内科学会近畿地方会(評議員、2015年3月 第207回近畿地方会会長)
    • 日本臨床リウマチ学会(評議員、功労会員)
    • 日本脊椎関節炎学会(理事、評議員、2014年10月 第24回学術集会会長)
    • 日本インターフェロン・サイトカイン学会(幹事)
    • 日本免疫学会(会員)、日本リウマチ財団登録医
    • 米国リウマチ学会(International member)
    • 米国癌学会(Active member)
    • ニューヨーク科学アカデミー(International member)
    • 京都府立医科大学卒
    研究課題・専門分野
    リウマチ・膠原病学、関節リウマチの病態解明と治療法の確立
    医師からひとこと
    「この人はわが子、わが親 わが兄妹」の心得で診療致します。